特別休暇期間中の電話代行サービス

2014.08.02電話代行
Pocket

夏季休業目前、特別休暇期間は電話代行サービスで事業の継続を

来週から再来週にかけて夏季休暇に入られる企業様もいらっしゃるかと思います。「13~15日」「13日~17日」など、様々な形で有給などを使ってお休みを捉える社員がいて、企業としても休みに入るところも少なくないでしょう。ちなみに弊社、電話代行サービス(株)の今年の夏季休暇期間は「8月14日~8月17日」までとなっています。

詳しくは2014年夏季休暇のお知らせをご覧下さい。

夏季休暇のバカンスと言えば沖縄

特別休暇期間中に電話代行を導入するメリット

夏季休暇以外にも、他にも長期休暇はあります。ゴールデンウィークや年末年始休暇などもそれに当たります。こういう長期的な休暇のことを、弊社では「特別休暇期間」と呼ばせて頂いています。

そんな「特別休暇期間」ですが、もちろん社員一同が休み、電話が掛かってきたとしても、留守番機能を使ったり自動ガイダンスによる応対というのが一番多いと思われます。

そんな時、弊社が提供する「電話代行」を利用してみるのはいかがでしょうか?

というのも、弊社はサイトのトップにも書いているように、「24時間365日」年中無休で対応させて頂く電話代行業者となっています。つまり、特別休暇期間も問題なく電話応対をさせて頂くことが出来るわけです。

例えば、同業他社が今まで通り、自動ガイダンスによる対応を行っていた。対して自社では電話代行を取り入れ、興味を持ってもらったユーザーにはパンフレットだけでも送付させて頂くとすると、特別休暇期間中にパンフレットが届き、同業他社に先駆けてユーザーへと接触することが出来るわけです。

特別休暇期間じっくりと情報を読んで頂き、業種理解を深めたユーザーは特別休暇期間明けにはすぐに申し込み頂ける可能性があるわけです。他にも、打ち合わせによって様々な対応を行うことができます。

期間としては短い、わずかな特別休暇期間でしかありませんがそれでも自動ガイダンスとしっかりとしたオペレーターが応対するとの印象の違いというのは確実にあるはずです。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ