電話代行サービスは24時間受付可能?

2019.03.08電話代行
Pocket

近年、インターネットの普及に伴い、電話対応に対する休日・夜間の需要が高まっています。仕事終わりや休みの日に自分で情報を調べた上で、ゆっくりと相談をしたいという人が増えてきているのです。では、そんな世間の状況に電話代行は対応しているのでしょうか?電話代行の対応時間に着目していきましょう。

24時間対応可能な電話代行

電話代行サービスは24時間対応可能

基本的に電話代行は24時間対応が可能です。会社に人手がなくなる夜間や休日には、代わりに対応をしてくれます。もちろん、その契約プランの内容によって対応の仕方は変わってくることになりますが、お客様のご要望に合わせていつでも対応が出来るという点は大きなメリットとなります。 お客様からの電話が入るタイミングはそれぞれの都合によって異なり、日中に連絡が可能な人もいれば休日や夜間以外は電話をかけられないという人もいます。そのため、平日の日中以外に対応してくれる電話代行の需要はますます高まっていくことでしょう。 さらに、受付業務の負担を軽減していくことで、経費削減売り上げ向上などのメリットも得られることが期待できます。

用途に合わせたプラン設定が可能

電話代行のプランを選ぶ

電話代行サービスを依頼する際、それぞれの用途に合わせたプラン内容を選択することができます。まず、夜間や休日など業務時間外のタイミングでかかってきた電話にも折り返しで対応していきたいという場合です。このケースであれば、料金は最安になりますし、自身で折り返してお客様のご相談に親身にこたえることもできます。 電話の本数が多く、その負担を減らしたいというのであれば、折り返し対応は変わらず、基本の問い合わせ内容にはマニュアルに沿った回答をするなど、プラスαのサービスを付け足すことが可能です。対応の難易度が上がるため、多少料金は高くなりますが、その分受付の負担が軽減されます。社員が他の業務に割り当てられる時間が増えていくのでメリットも大きいのです

コールセンターの確保も可能

社員の業務負担を減らすために、専用のコールセンターを用意することも可能です。電話代行のサービスを利用して専用のコールセンターを設けることで、商品の問い合わせはもちろん、クレーム対応や注文受付まで、すべての作業を一括して行うことができます。負担がかなり軽減されることに加えて、電話利用の増える夜間や休日に対応することで一定の収益を見込めます。結果として、業績アップにつながることも期待できるでしょう。 実際に不動産や自動車販売、ロードサービスや鍵屋など、24時間対応のコールセンターを設けることで収益がアップするケースは決して少なくありません。この他にもコールセンターがあることでメリットが多くなる業種はいくつかあるので、まずは検討してみてはいかがでしょうか?

価格とサービスのバランスを取りたいときには?

価格とサービスのバランス

問い合わせや注文受付には夜間でも休日でも対応していきたい一方で、コールセンターのようにすべての対応を依頼してしまうと費用負担が大きくなってしまう、と不安になることは少なくありません。そんな時には価格とサービス、両者のバランスをとったプランを検討してはいかがでしょうか? クレーム対応やマニュアルにない難しい問い合わせなどはできませんが、簡単な問い合わせや注文受付には対応するベーシックなプランであればサービス料の負担もさほど大きくはなりません。自分たちの予算や用途に合わせたプランをその都度選択することができる、これも電話代行サービスの大きな魅力です。まずはそのサービス内容、料金についてチェックしていくことから始めていきましょう。

電話代行のサービスを活用すれば、注文や問い合わせ対応、クレーム対応に追われることなく、別の業務に集中することが可能です。そのため、負担が軽減されるだけでなく、業績アップ、売り上げアップにもつながります。サービスは利用のメリットは大きいでしょう。夜間や休日など電話が増えるタイミングであればこそ、電話代行サービスの需要が高まっているというわけです。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ