社会人として押さえておきたい常識とは?

2016.09.09スタッフブログ
Pocket

相手や周囲に不快感や悪い印象を与えないために

以前、取引先のご担当者様と世間話をしていたところ、「マナーもそうだけど、最近は非常識なビジネスマンが多い!」と仰っていました。ビジネスの場において、社会人なら最低限押さえておきたい常識はたくさんあります。今日は、意外と間違えやすいマナーやエチケット、作法などについて詳しく紹介したいと思います。

会計時には外に出て待とう

上司におごってもらう時は、会計時に後ろで待つのはNGです。支払いをする際には、領収書や明細をチェックするなどのプライベートなこともあるので、離れた場所にいるのがエチケットです。

電話応対時の「もしもし」はNG!

電話応対時に「もしもし」を使うのもNGです。「もしもし」は呼びかけの言葉であり、電話を受ける側は普通使いません。声が聞こえない場合などには、「もしもし」ではなく「お客様?」などと言う様に心がけましょう。

了解しました、を目上や顧客に使うのはNG!

「了解しました」の誤用にも注意が必要です。「了解しました」は敬語ではなく、「承知しました」、「かしこまりました」、「分かりました」などを使うのが正解です。打ち解けていない顧客や目上の人の場合は間違って使わない様に気を付けましょう。

メールを送る際の注意点

メールを送るときはto/CC/BCCを使い分ける様にしましょう。一斉メールの場合、CCで送ると送信者全員分のメールアドレスが相手に表示されてしまいます。メンバーが知人同士でない場合は、BCCで隠して送る様にしましょう。また、Aさんに送信するついでに、内容をBさんやCさんとも共有したい場合は、宛先をAさんにしてCCにBさんとCさんを入れましょう。メール送信時のミスは、個人情報の漏洩問題にもつながりかねないので、細心の注意が必要です。

風邪を引いたらマスクをしよう!

風邪を引いた時にマスクをすることも社会人として必要なエチケットです。もし、咳で風邪を他の人にうつしてしまったら、自分の仕事以外の業務にも支障が出てしまいます。また、部署内や社内に広く蔓延してしまったら、それこそ大きな損害になりかねません。咳やくしゃみをする際は、相手から顔をそむけるのが社会人のマナーです。相手に不快感を与えない様にしましょう。

常識をわきまえた社会人

社会人として最低限押さえておきたい常識について紹介してきました。このほかにも「食べる時に音を立てない」などのマナーも重要です。マナーやエチケット、作法などをきちんと覚えておかないと、ビジネスの場においては相手や周囲に不快感や悪い印象を与えてしまうことにつながりかねません。知らず知らずにやってしまう非常識を見直し、ワンランク上の社会人を目指していきたいものです。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ