経理業務をアウトソーシングするメリットとは?

2016.10.27スタッフブログ
Pocket

経理代行の需要は今後ますます伸びる?

いろいろなアウトソーシングがある中で、昨今、利用が増えているのが「経理代行」です。縁の下の力持ちともいえる経理業務を代行会社に委託することで、さまざまなメリットが受けられます。弊社の秘書代行をご利用中の会員様でも、経理業務をアウトソーシングされている方は多くいらっしゃいます。今回は、経理代行とそのメリットについて説明したいと思います。

経理代行とは?

入出金や収支バランスの管理、経費の精算、財務諸表の作成、月次・年次の決算業務など、多岐にわたる経理業務をアウトソーシングの会社が代わって行う代行サービスです。その企業の売上金や預金などお金全体の流れを管理する重要な業務ですが、「経理業務でミスが多く、お金の管理がしっかりなされていない」「経理に作業の手間暇がかかり、本業に専念できていない」などといった理由から、経理代行を活用する企業が増えています。

経理業務をアウトソーシング

経理代行のメリットは?

経理代行には、次の様なメリットがあります。

人件費がカットできる

経理業務を外部に委託するということは、経理の事務スタッフが必要ないことを意味します。つまり、その分の人件費を浮かすことができる訳です。経理に関する知識やノウハウ、実務処理能力を身に付けるには、ある程度のコストと期間が必要です。その点、代行会社に任せれば、即戦力のスタッフに業務を一任できますので、安価なうえに高品質な経理サービスが受けられるでしょう。

最新の税制を有効活用できる

税制の有効活用を実現できている企業は多くありません。その点、税務のプロが揃っている代行会社にバックアップしてもらえれば、税制に関する情報収集ネットワークも整っているので、最新の税制改正にも対応可能です。

経理はプロに任せ、本業に専念

もし、経理のスタッフが不在で、経営者自身が経理業務を行っていたら、煩雑な記帳作業に追われてなかなか本業に専念できないかもしれません。そんな時に専門家がきちんと経理・会計の業務を行ってくれる専門家集団がサポートしてくれれば、経営者は安心して経営と本業に専念できます。

この様に、さまざまなメリットを得つつ、事業の成長と拡大に貢献できる経理代行の需要は、今後、ますます伸びていくことが予想されるのではないでしょうか。世の中には色々な「代行サービス」が存在します。自社のウィークポイントを補いつつ、更に他にもメリットが享受できる代行サービスを活用したいものです。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ