これがおすすめ!ノベルティマーケティングの商品

2018.09.12スタッフブログ
Pocket

ノベルティマーケティングで知名度アップ!

数多くの販促品を使って自社アピールを図るノベルティマーケティング。人気のグッズは少なくありませんが、受け取る側のニーズも多様です。人気が高くても、常に喜ばれるとは限りません。大きな成果を生み出すためには、どんなグッズが求められているかを考える必要があります。そこで今回は、人気グッズの代表例を紹介するとともに、グッズ製作時に意識したいポイント、また状況によって変化するグッズのニーズについてご説明します。

ボールペン、手帳、カレンダーなど実用性の高いもの

現在、ノベルティマーケティングでは数多くのグッズが登場していますが、とくに人気のある種類は実用性が高いものです。

人気がある販促グッズの代表例

実用性の高い物品はたくさんありますが、よく知られた定番のグッズといえば文房具です。とくに最近は、書き間違えても文字を消せるフリクションペンが人気グッズのラインナップによく登場します。

人気の販促グッズ

文房具以外に目立つジャンルのひとつが、スマホ関連グッズです。スマホ端末を手に持たなくて済むスマホスタンドや画面に付いたホコリを取るクリーナーは、多くの人から喜ばれています。これらは、スマホの普及率の高さを反映したアイテムといえるでしょう。

女性向けグッズも多彩

女性向けグッズも、少なくありません。その典型例が、女性のたしなみともいえる化粧に関わる品々です。メイク用品を筆頭に、化粧によるテカリを抑えてメイク崩れの防止に役立つあぶらとり紙や、爪の手入れに使えるネイルケアセットが挙げられます。

入浴剤も、女性をメインターゲットとする商品の一種。多くの女性は、単に身体を洗うためだけでなく、仕事から帰った後のリラックスタイムをお風呂場で過ごしています。毎日いろいろな雰囲気のお風呂を楽しみたい女性にとって、このグッズは見逃せない一品です。

そのほか、昔ながらのものには手帳やカレンダー、ポケットティッシュがあります。ノベルティマーケティングの目的や実際に配布する場面を考慮すると、販促効果の見込めるグッズを開発できます。それによって、会社の知名度アップや商品の売上増加に貢献できるでしょう。

商品製作では、ターゲットを明確にする

ノベルティグッズによる販促効果を高めたい時は、その商品を製作する時点からいろいろな点に注意する必要があります。とくに大切なポイントは、ターゲットの明確化です。

性別による設定

ターゲットを絞り込む際、性別は分かりやすい基準としてよく使われます。女性を主なターゲットにする場合、デザインがシンプル過ぎると味気なく思われる恐れも。それよりも可愛らしいキャラクターなどを描いたほうが、喜んで受け取ってもらえる公算が高くなります。

一方、男性向けであれば、あまり派手でないほうが好ましいといえます。ボールペンの人気が高いといっても、全体に花柄がデザインされていたら仕事場で使いにくく感じられても不思議はありません。男性には、落ち着いた配色のほうが無難です。

年齢による設定

年齢も、誰をターゲットにするかを考える時の参考になります。同じ会社名のロゴでも、若者向けはポップ調、高い年齢層が中心になる場合はオーソドックスなデザインという具合に、パターンを変える方法があります。

また対象年齢に合わせて、異なる種類のグッズを製作するという選択も可能です。会議やプレゼンで話す機会の多い現役ビジネスマンには口元のエチケットとして歯ブラシやフリスクケース、体力の低下を気にする高齢者には歩数計などの健康グッズが適しているかもしれません。

ターゲットが明確になると、そのニーズに合ったものを製作できます。多くの需要に応えられれば販促グッズを配る意味も大きくなるため、製作作業にかかった手間や時間は無駄になりません。

具体的な利用シーン

販促グッズは、さまざまな場面で配布されます。利用するシーンごとに、グッズ配布に期待される効果も異なります。

イベント会場では知名度アップ

個々のイベントで配布されるグッズは、通常、一般の販売ルートには出回りません。お店で探しても見つからないため、「イベントに行かなければ手に入らない」という希少性が生まれます。

そのため、イベント限定グッズが注目を集めたら会社の知名度をアップするチャンスになります。多くの人が、そのグッズを配布した会社について情報を求めるためです。イベント参加時には、来場者の心をつかめるグッズが欠かせません。

家族連れの多い場所では「子ども向け」がおすすめ

販促活動は、たくさんの家族連れでにぎわう遊園地やファミリーレストランでも実施されます。その場合、大きな効果を発揮するグッズは「実用性の高いもの」でなく「子ども向けの商品」です。

メインターゲットは子どもに設定し、販促グッズは子どもに喜ばれる「おもちゃ」や「お菓子」を用意します。年齢にも配慮するなら、男の子用は「格好いいバッジ」、女の子用は「可愛らしいお人形」が挙げられます。

販促グッズは配布する場所によっては「希少性」という付加価値が生まれ、実用性の低いものが歓迎されることも少なくありません。人気のアイテムにばかり目を奪われず状況に応じた販促グッズを考えて、ぜひノベルティマーケティングを成功に導いて下さい。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ