セルフトークについて

2020.05.25ビジネス豆知識
Pocket

みなさんは毎日、自分にセルフトークをしています。セルフトークとは自己会話のことです。
そんなのしていないと言われるかもしれませんが、みなさん必ず毎日セルフトークをしています。気にしていないだけで無意識のうちにセルフトークをしています。今回はセルフトークについ紹介します。

セルフトーク

 

セルフトークとは

言葉にして発しなくても、私達は毎日心の中で自分と会話しています。口に出して言葉にしてしまえば独り言ですが、言葉にしなくても心の中で自分に語りかける心の中の独り言がセルフトークです。私達は無意識のうちに、一日で4万回から6万回ものセルフトークをしています。セルフトークの持っている影響力はかなりのものです。自分が何気なく自分に語りかけている言葉は、その後のあなたの人生に大きく影響を与えます。

無意識のうちにネガティブな言葉を自分に投げかけているとしたらどうでしょう。そんなことはしていないと言う方は自分のセルフトークを意識してみる必要があります。毎日、何万回もネガティブな言葉を自分に投げかけていたら、上手くいくことも上手くいかなくなってしまうかもしれません。

逆にポジティブな言葉を自分に投げかけていけば、たくさんのことが上手くいくかもしれません。私達は無意識でも発した言葉を頭の中で映像化します。無意識のうちに過去の失敗を思い出していたらどうでしょう。映像化され、失敗した時の嫌な気持ちをまた自分に体験させることになります。できるなら成功した時の嬉しい気持ちや達成感を思い出したいですね。大丈夫です。セルフトークは自分次第でコントロールできます。

セルフトークがセルフイメージを作る

私達は毎日、何万回もセルフトークをしています。それも無意識のうちに。無意識のうちに行われるセルフトークは基本的にネガティブな内容です。なぜなら、人間は生存本能で自分を守るためにネガティブな体験の方が心に残るからです。セルフトークの存在をしっていて、自己評価や自己イメージの高い人はネガティブなセルフトークを繰り返していません。自己評価や自己イメージの高い人はポジティブなセルフトークをしているはずです。

性格にも自己評価にも自己肯定感にも自尊心にも大きく影響を与えるのがセルフトークです。一日に何万回も自分に語りかけるセルフトークがどんどん蓄積されていって、結果的に自分のセルフイメージになります。ですので、セルフトークが変わればセルフイメージも変わります。毎日のセルフトークが今の自分のイメージに繋がっているとなれば、ポジティブなセルフトークに変える方が良いことが分かります。

セルフイメージは環境に左右されやすい

セルフイメージは周りの環境に影響されやすいです。大人になるまでは親の影響が大きいでしょう。大人になってからは友達や仕事関係の人から言われる言葉からも影響を受けています。あの人に言われた言葉が心に残っていて、いつまでも忘れられないということはありませんか。それがポジティブな言葉なら良いですが、そうでないならば今すぐ変えるべきです。どうやって変えるかですが、環境を変えることはけっこう大変です。簡単なのは自分でセルフトークをコントロールして変わることです。これが一番早くて一番簡単にセルフイメージを変えることができます。

セルフトークのコントロールをする

コントロールすると言っても、一日に何万回ものセルフトークをコントロールすることは難関です。まずはゴールを決めることです。自分がどうありたいか、どうなりたいかです。そこをしっかりと決めなければ、セルフトークのコントロールはできません。ゴールが決まれば、ゴールにいる自分が発しないだろう、思わないだろうと思うネガティブな言葉や思いを全て排除します。

誰かを否定したり、価値を下げたりする言葉もやめます。もちろん自分に対しても否定する、価値を下げるような言葉は使わないようにします。そうして自分が発する言葉を気にするようになると、自分が口癖にしている言葉や自分の考え方の癖が見えてきます。良くない口癖や考え方は、良い口癖や考え方に変えましょう。ゴールに描いている理想とする自分にふさわしい言葉に変えていきます。自分に語りかける言葉一つで変わってきます。

セルフトークを気にしないでいると、自然とネガティブな言葉に変わってしまいます。だからこそ、コントロールする必要があるのです。毎日の積み重ねは、時が経った時に大きく変化する可能性を秘めています。良く変わるか、そうならないかはあなた次第です。セルフトークのコントロールが上手くできると良い未来が待っています。あなたが描いたゴールに近づくことができます。

セルフトークのポイント

プラスの言葉を使うこと

ポジティブになる言葉を使います。言葉にすると元気になる言葉、言われても言っても楽しくなる言葉、やる気に溢れた言葉を使います。ダメだや疲れたなどのネガティブな言葉を使ってしまったら、大丈夫、まだやれるなどの言葉ですぐに打ち消しましょう。

ポジティブな言葉を繰り返すこと

何度も自分に言い聞かせるように繰り返しましょう。自分で言葉をリピートして聞かせることで、ポジティブな言葉が自分にすりこまれます。また、相手に声をかける時もポジティブな言葉は繰り返して言いましょう。そうすると相手も自分も嬉しくなり良いセルフトークになります。

セルフトークについて紹介しました。気にしていなかった方はこの機会に自分のセルフトークを気にしてみてください。セルフトークを変えることで自分の理想とする世界に行けるとしたら、セルフトークをコントロールするしかありませね。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ