電話番号のイメージはそんなに重要?

2020.02.05業界関連情報
Pocket

仕事上の信用を考えた場合、名刺や会社のホームページに電話番号を掲載するのは不可欠といわれます。ただ、携帯電話の番号はあまり社会的信頼が高くないのが現状です。仕事では、できれば固定電話の番号を使うのが望ましいでしょう。

予算的に電話回線を引く余裕がなければ、貸出サービスを利用するのがおすすめです。そこで今回は、ビジネスにおける電話番号によるイメージの違いや、弊社の貸出サービスのメリットをご紹介します。

電話機

 

電話番号により異なるイメージ

電話番号はお客様や取引先が会社に抱くイメージを大きく左右する要素です。ビジネス上、軽視することはできません。

 

携帯電話が与えるイメージ

携帯電話はすでに固定電話を上回るくらいに普及しているツールですが、ビジネスシーンにおける信用力はまだ十分とはいえないレベルです。個人や企業を問わず、多くの方はいまでも携帯電話より固定電話に強い信頼を寄せる傾向にあります。

携帯電話が信用を得にくい理由としてよく聞かれるのが、「携帯の番号からは会社でなく個人が連想されるため」との意見です。お客様や仕事の関係者が電話をかける際にはきちんと会社に対応してほしいと考えている場合が多く、個人をイメージさせる携帯電話はなかなか信用してもらえません。

携帯電話が仕事に与える影響を考慮すると、ビジネスチャンスを逃さないためには固定電話の番号をもっているほうが得策といえるでしょう。

 

固定電話の信頼性が高い背景

仕事上で固定電話が高い信頼性を維持しているのは、個人でなく会社の受付窓口につながる印象が強いためと考えられています。

同時に、固定電話の回線を引くには加入権の取得が必要になる点も信頼獲得につながっているとのことです。固定電話の通信網を整備するとなれば回線工事が欠かせません。簡単な作業ではなく、工事後すぐに解約することも不可能です。複雑な手続きを経て設置するため、固定電話のある会社はしっかりしているというイメージを持たれます。

 

 

固定電話の番号は都市部が好印象

一口に固定電話といっても、番号によってイメージは異なります。仕事関係で好印象を得やすいのは、都市部の市外局番です。

名刺や会社のホームページに都市部の市外局番を記していると、仕事の拠点がオフィス街にあるとの印象を与えられます。信頼に足る事業規模をもつと判断される可能性は高く、仕事の話をスムーズに進めやすくなると期待できます。東京都内であれば、23区に所在することを示す「03」が会社のイメージアップに効果的といわれる番号です。

固定電話を引いていても都心から離れた住宅街などの番号を提示すると、「仕事の規模が小さいのでは?」と見なされ取引契約や商品の注文を敬遠される場合があります。そんな実情をふまえると、固定電話の番号はできれば都市部の市外局番を用意したいところです。

 

 

『全国電話番号 貸出サービス』のメリット

固定電話の必要性を理解していても、設置に必要な資金をすぐに調達できるとは限りません。コスト面でお悩みの時には、『全国電話番号 貸出サービス』の活用がおすすめです。

 

サービスの概要

『全国電話番号 貸出サービス』では弊社が電話番号をレンタルし、着信があれば貴社指定の固定電話や携帯電話に自動転送します。

市外局番は全国各地のものをご用意しています。大阪(06)や東京(03)を含め北海道から九州地方までの主要地域の番号、フリーダイヤル(0120)やIP電話(050)もレンタル可能です。現在も市外局番を利用できるエリアは拡大中であり、詳細はホームページでご確認いただけます。

他には留守番電話通知サービスがあり、利用すれば営業時間外や土日祝日にかかってきた電話にガイダンスで対応します。用件はプッシュ操作やメールで確認していただけます。あらゆるビジネスチャンスを逃したくない時はぜひご利用下さい。

 

サービス活用で経費節約

『全国電話番号 貸出サービス』が提供する大きなメリットは、固定電話を契約する際に発生する経費を節約できる点です。

 

固定電話の加入権取得や回線工事にかかる費用は、決して安くありません。起業時など資金繰りが厳しいと、予算的に固定電話をつなぐのは難しくなると考えられます。ただ新規に営業活動を展開するなら、信頼獲得のために不可欠となるのが固定電話の番号です。

そんな問題を解決するには、弊社のサービスが役立ちます。電話番号をレンタルするだけであれば、固定電話の市外局番を手に入れるのに多くの費用はかかりません。レンタルした電話番号は、名刺やホームページに掲載できます。主要都市の番号を載せておけば、会社の信頼獲得にもつながるでしょう。

 

その他のメリット

電話番号のレンタルは、他にもさまざまなメリットをもたらします。代表的なものは、まだ事務所がなくても現地の電話番号を使って営業活動を始められる点です。新たに営業拠点を広げる際には、事務所が準備段階のうちから地元の市外局番を使って動き出せます。

自宅を仕事場にしている場合、個人情報の保護にも効果的です。レンタルした電話番号を仕事用に使えば、取引先にプライベートの番号を教える必要はありません。個人情報がホームページ上で不特定多数の目に触れることもなく、安心です。

経費節減だけでなく会社の営業戦略やプライベートとの使い分けとして別の電話番号が必要な時にも、このサービスは力を発揮できます。

 

 

他のサービスと併用するメリット

『全国電話番号 貸出サービス』は、他のサービスと併用することで新たなメリットをもたらします。

 

バーチャルオフィスの実現

『全国電話番号 貸出サービス』に『FAX番号貸出サービス』と『郵便受付サービス』を組み合わせて実現できるのが、バーチャルオフィスです。

起業時また新規事業を始める時、バーチャルオフィスは最低限の事務機能を果たせるサービスです。電話回線を引かなくても、お客様や取引先と電話だけでなくFAXでも連絡を取れます。受信内容はPDFファイルなどのデータとしてメール送信いたします。

住所に関しては、弊社の所在地(大阪・東京)をレンタルするシステムです。貴社宛の郵便物が届いたら弊社で保管し、その旨をご連絡します。指定していただければ、ご希望の宛先へ転送いたします。取引先から仕事関係の資料を送ってもらう必要が生じた時にも、バーチャルオフィスであれば問題ありません。

電話番号とともにFAX番号と住所も合わせてレンタルすれば、事務所がなくても事務的な手続きを処理しやすくなると見込めます。

 

秘書代行を加えるメリット

『全国電話番号 貸出サービス』あるいは弊社のバーチャルオフィスを活用する場合、秘書代行を加える選択肢もあります。この組み合わせは、弊社のオペレーターが電話対応するスタイルです。バーチャルオフィスであれば、事務所機能が備わるだけでなく事務員が常駐する状態になります。

起業時に限らず仕事に追われていると、人手が足りず電話対応まで手が回らなくなることは少なくありません。いつでもオペレーターが電話対応できる体制が整っていれば、会社の業務が忙しくても着信を取りこぼさずに済みます。

着信が殺到した際には電話口で言葉が荒くなるといった問題も起きがちですが、弊社のオペレーターであればそんな心配は不要です。日頃の研修などを通じてビジネス電話での言葉遣いや基本マナーを習得しており、会社のイメージアップに貢献できます。

 

電話がつながりやすいうえ応対も親切丁寧であれば、お客様や取引先に与える印象は自然とよくなるでしょう。会社の信頼性を向上するには、ここで紹介したサービスを併用したほうが効果を高めると考えられます。『全国電話番号 貸出サービス』をご利用の際には、ぜひ各種サービスと組み合わせることをご検討下さい。

 

参考サイト:

https://www.k-society.com/know_how/entrepreneurship%E2%80%90tel/

https://www.entre-support.co.jp/hatena/dennwadaikou-meritto

https://www.executive-suite.jp/virtualoffice/telephonenumber/

https://denwadaikou.jp/service/tensou/

https://denwadaikou.jp/service/virtualoffice/

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

最新記事 by 電話代行サービス株式会社広報部 (全て見る)

お問い合わせ