会社で漫画を読むのはあり?なし?

2020.08.19スタッフブログ
Pocket

会社で漫画を読むことに対しては、いろいろ意見が分かれます。職場によっては昼休みでも上司に難色を示される場合があり、仕事中に暇だからと読んでいれば遊んでいると思われるでしょう。業務に関わるジャンルでも周囲に不快感を与えることがあり、会社で漫画を読むのは注意が必要です。そこで今回は会社で漫画を読むのは「あり」か「なし」かについての意見をご紹介し、読書する際の注意点や仕事にもたらすメリットも解説いたします。

勤務中に漫画を読む社員

 

会社で漫画を読むことは賛否両論

会社で漫画を読むことには賛否両論があります。いずれの立場でも人によって意見はさまざまです。

 

会社での息抜き方法

2020年の3月、電子書籍ストアの運営会社は、同ストアの会員に向け「仕事と気分転換」に関する意識調査を実施しました。調査結果によれば、「お仕事に行き詰まりを感じた時の気分転換方法は?」との質問で1位になった回答は「本・雑誌・漫画を読む」です。

ただ、職場では必ずしも息抜きに漫画が読まれているわけではありません。2016年に広告代理店が実施したビジネスパーソンの「息抜き」に関する調査によれば、仕事中に息抜きする方法で「本や雑誌を読む」を選んだ回答者は1割弱です。

多くのビジネスマンは漫画で息抜きしていますが、仕事の休憩中に読んでいるかどうかは会社によって異なると考えられます。

 

漫画は「あり」とする意見

会社で漫画を読むのが「あり」とする代表的な意見としては、以下の例が挙げられます。

1.仕事中の息抜きやミスした時の気分転換
2.休憩時間や手が空いている場合の暇つぶし
3.法的に休憩時間の使い方は自由

上記のアンケートでは好きな漫画に没頭すると仕事の疲れを忘れられるとの声が多く聞かれました。会社で漫画を楽しんでいる方も多少はいらっしゃると分かります。

また、すべての職場がにぎやかな市街地にあるとは限りません。立地によっては周囲に暇な時間をつぶせるスペースがないため、漫画を読んでいるケースが見られます。

そして、労働基準法によれば、原則として休憩時間の使い方は従業員本人の自由です。とくに就業ルールで規定されていなければ、漫画を読んでも法律上は問題ないと考えられています。

 

漫画は「なし」とする意見

会社で漫画を読むのを歓迎しない方々は、以下の様な意見をお持ちです。

1.仕事中に近くで読まれると気になる
2.休憩時間でも会社に漫画は相応しくない

職場に休憩室が用意されていない場合は、仕事をするデスクなどで漫画を読むことになるのではないでしょうか。休憩時間が一斉にとれる会社なら問題ないかもしれませんが、現在では自由に休憩時間をとれる会社もたくさんあります。そういった会社では、自分が仕事をしているなか、隣の席の同僚に漫画を読まれると気が散ってしまうという方もいるようです。

また、会社によっては、仕事場に漫画を持ち込むこと自体がふさわしくないと考える声もあります。会社の方針として上司から注意を受けたら、休憩時間かどうかに関係なく漫画は控えたほうが無難と考えられます。

 

職場で漫画を読む時の注意点

職場で漫画を読む時、とくに心がけたい注意点は周囲への配慮です。不安であれば、就業ルールを確認しておくとよいでしょう。

 

周囲への配慮は欠かさない

仕事かプライベートかを問わず、漫画に対する意見は人それぞれです。職場の場合、ほかの従業員への配慮を欠くと不快に思われる恐れがあります。

職場が歓迎ムードならとくに問題ないと考えられますが、そうでなければ働いている方のそばで漫画を読んでいるとトラブルに発展するかもしれません。職場の雰囲気を壊さないためには、読む場所を選んだほうが賢明といえます。休憩時間であっても作業スペースは離れ、休憩室や職場近くの公園に行くと気兼ねなく漫画を楽しめるでしょう。

 

仕事中に読むのは避ける

漫画の中身はいろいろなジャンルが知られ、ビジネス関連の作品であれば勉強になるともいわれます。それでも多くの場合、勤務時間中に読んでいれば仕事しているとは見なされません。

たしかに仕事関連の漫画は作業中の業務に活かせることもありますが、周りが仕事の一環と認識していないなら誤解を招くでしょう。息抜きが目的でなくても、余計な誤解を避けるためには作品ジャンルに関係なく休憩時間に読むことをおすすめします。

 

必要なら就業ルールを確認

労働基準法では休憩時間の使い方を制限していませんが、会社によっては規定を設けている可能性があります。職場で漫画を読んでも問題ないか不安に感じた時には、あらかじめ就業ルールを確認しておくと安心です。

ただ就業ルールは具体的な事例を細かく記載しているとは限らず、それだけ見ても不安は解消しないかもしれません。判断に迷った時には、念のため上司の了承を得れば問題回避につながります。

 

漫画以外の方法で息抜き

会社や勤務先の上司が仕事場に漫画は相応しくないと考えている場合、休憩時間でも読むのは難しくなると考えられます。そんなケースでは、息抜きの方法を漫画にこだわる必要はないでしょう。

上述のアンケートでは、8割近くの方が職場での息抜きにお菓子や飲み物の摂取を選んでいます。漫画が歓迎されない職場であれば、それ以外の息抜き方法をいろいろ試してみるのがよいと考えられます。

 

仕事にも活かせる漫画

近年、漫画で扱っている題材は娯楽向けからビジネス関連まで多彩です。ジャンルによっては、息抜きだけでなく実際の仕事にも活かせるといわれています。

 

飲食関係の知識獲得

数ある漫画のなかで仕事の参考になるとの声がよく聞かれるジャンルは、飲食関係の作品です。お店で提供している料理について解説している場合、従業員の知識獲得に役立っていると評価されています。

アルコール類に詳しい作品なら、日本酒の基礎知識や楽しみ方、またワインやカクテルを始めとする洋酒について幅広く勉強できるでしょう。パン類を扱った作品では、漫画に登場するメニューをもとに新商品が生まれ店頭に並ぶケースも見られました。

飲食関係に限っても、漫画は専門的な知識の獲得にとどまらず商品開発を含め多彩な形で活用されているといえます。

 

従業員のモチベーション向上

仕事において、従業員のモチベーション向上は不可欠です。漫画は、やる気を奮い起こす効果も期待できます。

幅広い職種の方から読んで元気をもらえたと強く支持されている漫画は、宇宙飛行士の職務風景などを描いた作品です。登場人物は物語のなかで多くの困難にぶつかりますが、努力しながら目標に向かう姿、発想の転換を図りつつ問題を乗り越えていく様子は自分が働くうえでも参考になり勇気づけられたといった意見が聞かれます。

パワフルな女性編集者の頑張りを描いた作品は、とくに女性から共感や称賛の声を集めました。主人公のがむしゃらな姿だけでなく他の登場人物も魅力的であり、30代や40代の女性たちが、とくに高く評価しています。

 

仕事のジャンルは多彩

漫画で扱われる仕事の種類はこれら以外にも数多く、ジャンルの幅は多彩です。産婦人科を舞台とした作品は医療・福祉系に従事する方から多くの支持を獲得し、漫画業界をモチーフにした作品は、この業種や編集・出版関係の舞台裏が分かるといわれています。

他にも、デザイナー志望の少年とトップモデルを目指す少女が主人公のものや広告代理店が舞台に選ばれている場合もあります。

 

いずれも登場人物たちは厳しい職場環境のなかでも頑張っており、多くの読者が励まされています。職場で漫画を読めるとは限りませんが、仕事に疲れた時はいろいろな作品を手に取ってみてはいかがでしょうか。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

最新記事 by 電話代行サービス株式会社広報部 (全て見る)

お問い合わせ