テレマーケティングをアウトソーシングするメリット

2019.05.09スタッフブログ
Pocket

業務効率化を実現させる

電話によって販売を行うテレマーケティング業務は、ノンコア業務(それ自体は利益につながらない業務)と分類されながらも非常に重要な部分と言われています。ここではテレマーケティングを電話代行としてアウトソーシング会社に依頼する場合のメリットについて紹介します。

電話代行の方がコスト削減につながる

外注するには費用がかかるため、そこまでして依頼するのが果たして得策なのかを悩む企業はたくさんあります。しかし、実際にコールセンターなどの電話番を社内から何人も配置するとなると、人件費がどれだけ必要となるでしょうか?毎月の給与のみならず、社会保険や福利厚生などを考えると自社で賄う場合の人件費は非常に高額になる可能性があります。

それに対し、アウトソーシング会社は委託契約の料金だけで済み、コストが圧倒的に少なくなることも多いです。サービス内容は委託期間や稼働時間などによって様々ですが、どちらが得かを相対的に考えると電話代行のメリットが大きいと言えます。企業にかかる無駄なコスト削減ができ、仕事も任せられるという様々な利点があり、委託するところが増えていることにも納得です。

アウトソーシング会社は優秀な人材確保がしやすい

優秀な人材

電話代行はお客様や取引先などを相手にすることが多いため、常に丁寧な対応が求められる重要なポジションです。対応の仕方が営業結果に結びつくと思えば、コールセンターへの人材配置は気を遣うものとなるでしょう。社内でそれだけの人材を確保しようと思うと大変ですが、アウトソーシング会社であれば優秀なオンラインアシスタントの確保が可能です。

特殊なスキルを持っている人や、今までのキャリアから自信を持っておすすめできるアシスタントが対応してくれるので、自社で新しい人材を雇うことなしに優秀な人に電話代行を依頼できます。これならば「外注は相手のスキルが分からないから不安」という心配事をしなくても良くなり、安心して委託に踏み切れるでしょう。

電話代行を依頼することでコア業務に専念できる

テレマーケティングによる販売であれば、それ自体が企業にとってコアな仕事だと分類されてもおかしくはありません。しかし、あくまで間接的に売り上げに関与しているとみなされるため、実際はノンコア業務として分類されます。
いつ鳴るか分からない電話を気にしながら別の作業を行うようでは、集中して仕事に専念できないことでしょう。だからこそ、電話代行をアウトソーシング会社に依頼するメリットが大きいのです。企業資源というのは限られているので、できるだけコアな仕事に社員を回した方が効率的かつ利益のアップが見込めます。社員が電話に気を取られて集中できないのであれば、やるべき作業に専念できるように外注してしまった方が得策と言えます。

業務効率化を実現できる

業務効率化を実現させる

ある程度仕事の仕組みができあがっている会社の場合、社内制度を変えていくのはそう簡単なことではありません。
しかし、効率化をしなければ企業の発展は難しく、さらに上を目指したいと願う以上は避けて通れない道と言えます。

では、どのようにして効率化を行えば良いのでしょうか?この答えがまさにアウトソーシング会社に一部の仕事を委託することでしょう。サービスを受けるためにはお金がかかりますが、前述したとおり人件費を考えると圧倒的にコストを安く抑えることが可能です。

信頼できるアウトソーシング会社を見つけることができれば、ビジネスパートナーとして長いお付き合いが期待でき、それと同時に仕事の効率化がより現実的なものになるでしょう

まとめ

テレマーケティングを行う際は、円滑に販売を進めるために電話番を複数人設けるのが一般的です。しかし、それだけの人材を用意しようとなると、コストも手間もかかります。だからこそ、優秀な人材が多いアウトソーシング会社に依頼するメリットが大きいのです。たくさんの代行業者があるので、興味がある方はまず無料相談やトライアルプランの契約を検討してみてはいかがでしょうか。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ