24時間体制で電話代行サービス利用のメリット

2016.02.18スタッフブログ
Pocket

24時間体制で電話代行サービスを依頼するメリット

業種によっては休日や夜間も含め、24時間電話受付を実施したいと思っている企業も多いのではないでしょうか。しかし、電話受付スタッフを配置することによるコスト増加などにより、思い切った販売促進活動ができないという問題も抱えているようです。今回は24時間体制で電話代行サービスを依頼するメリットについてご紹介いたします。

24時間体制の電話代行サービスを利用する業界例

24時間体制で電話を受けなければならない業種とはどのようなものがあるのでしょうか。以前は緊急性があるサービス業種に限られてきましたが、最近では販売業などでも24時間電話を受け付ける業界も増えてきました。24時間電話受付が必要な業種は以下のようなものがあります。

水道工事会社

「お湯が出ない」、「水が止まらない」など、トイレやお風呂、台所の水回りのトラブルへの緊急対応。

葬儀関連

「急に家族が亡くなった」などの、葬祭に関する受付。

不動産管理や住宅販売業

マンションやアパート、一軒家の住人から入る緊急の電話。「鍵の紛失」、「水回りトラブル」、「不審者や近隣トラブル」など。

通信販売業者

ネット通販や深夜のテレビ番組などでの電話サポート、商品説明など。

インターネット通信業

ネットの申し込み、解約、トラブルなどの電話サポート窓口など。

そのほかにも、歯科など夜間診療がある病院、鍵屋、サーバー管理、ビル管理なども24時間電話サポートが必要であり、電話代行サービスが使われています。一般的には顧客が相手の「BtoC」の業務形態が多いものの、顧客相手が企業のニッチな業界でも利用されています。

また、電話代行サービスは一定期間のみの利用もできるので、例えば繁忙期や広告配信期間に合わせた活用方法も人気です。

24時間体制で電話代行サービスを依頼するメリット

24時間体制で電話代行サービスを依頼することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

収益向上、人件費削減に繋がる

24時間体制で電話受付をするには、少なくとも2人のスタッフを雇う必要があります。特に深夜や休日には多くの賃金も支払わなければいけないので、時間外の電話対応を電話代行サービスに任せることで、人件費の節約が期待できます。また、緊急性が高い業務の場合は、時間外の電話を受け付けることにより、新規顧客が獲得できたり、契約に繋がったりするケースも期待でき、収益向上に良い影響を与える可能性があります。

顧客満足度の向上に繋がる

24時間電話サポートをしている会社は、安心感が持てるようになり、結果として満足度が向上します。最近ではネット通販分野でも24時間受付を実施している会社も多く、いつでも商品説明や注文受付ができるのは、普段仕事をしている会社員にとっても魅力的であり、顧客満足度が高くなることが言えます。

社員が自分の業務に集中できる

本来の業務に集中していても、電話が鳴るごとに作業を中断しなければいけません。特に夜間の緊急出動や修理に出向くような業種の場合、作業を中断して電話対応する訳にはいきません。電話を外注してしまえば、見たいときに電話の内容が確認できるため、自分の業務に集中することができます。

このように24時間電話サポートを設置すると、多くのメリットが期待できます。深夜、早朝、土日の電話対応にお悩みの際は特に、電話代行サービスを利用してみてはいかがでしょう。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ