ビジネスオブジェクトってご存知ですか?

2016.09.20スタッフブログ
Pocket

ビジネスオブジェクトというツールに関して

IT業界にいる方や、データ解析などに詳しい方はご存知かもしれませんが、ビジネスオブジェクトという言葉を聞いた事ありますでしょうか。

商談の場や、社内の会話でもしかすると使われているかもしれません。今回は知識として知っておいて損の無いビジネス用語「ビジネスオブジェクト」についてご紹介したいと思います。

business_man_woman

ビジネスオブジェクトって何?

まずはビジネスオブジェクトとは何かについて概要を説明していきたいと思います。ビジネスオブジェクトとは正確には「BusinessObjects」という名前で、データ分析で利用するツールの商品名のことです。

ビジネスの場ではデータ分析ツール全体を指してビジネスオブジェクトと呼ぶことがありますが、実際は製品名のことだということを覚えておきましょう。ちなみに、蓄積されたデータを活用するツールのことは、「ビジネスインテリジェンス」と呼ぶのが正しい呼称です。

ビジネスオブジェクトって何ができる?

続いてビジネスオブジェクトでできることについてですが、ビジネスオブジェクトでは蓄積されたデータを元に簡単に情報を整理して取り出すことができます。もう少し詳しく解説すると、ビジネスオブジェクトを導入すると、特定のジャンルに置いてデータの蓄積が行われます。
そして利用者は自社のサービスにログインすることによって、蓄積されたデータを様々な形で編集して手軽に取り出すことができ、様々な場面で活用できるようになるツールです。

どんな業界が利用するの?

ビジネスオブジェクトはデータを活用するためのツールなので、コンピューター関連の企業で利用されることが多いツールとなっています。特にマーケティングなど、情報分析がビジネス上、重要な業界に多く活用されています。ただし、ツールなので使い方次第ではどんな業界でも価値を発揮するツールとなっています。

ビジネスオブジェクトっていくらくらい?

ビジネスオブジェクトが気になって導入を考えた方もいるかもしれませんので、価格の話も少ししてみたいと思います。

実はビジネスオブジェクト自体はパッケージの部分とカスタマイズの部分があります。そのため、値段は見積もりをとってみないとわからない場合が多いです。事業形態や、業種などを伝えると大まかな予算を提示してくれるサポートデスクもありますので、是非活用してみていただければと思います。

今回はビジネスマンなら知っておきたいビジネス用語「ビジネスオブジェクト」についてご紹介をしました。是非チェックしていただき、いざという時に恥をかかないように準備をしておきましょう!

タグ : No44 ヨタヨクト 広範囲KW
Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ