オンボーディングとは

2020.05.18ビジネス豆知識
Pocket

現代の日本は労働人口が減少すると予想されている状況です。せっかく採用した人材が離職してしまっては、また新しく人材を募集しなければいけません。その分の採用コストも、採用にかける時間も新たに必要になり、企業にとってはプラスとはいえないでしょう。企業が望むのは採用した人材が早く組織になじみ活躍してくれることです。そうなるようにオンボーディングが注目されています。今回はオンボーディングについて紹介します。

オンボーディング

 

オンボーディングについて

オンボーディングは新入社員に限らず中途採用で入社した人材が早く組織になじみ活躍できるようにするための育成プログラムです。新しく入社してきた人は企業の風土もルールも分からないのが当たり前です。仕事を円滑に進める為にも、コミュニケーションをスムーズに行う必要があります。即戦力として育てるためのプログラムでもあります。

オンボーディングの必要性

入社してすぐに即戦力になれる人材はどの企業も欲しいと思うでしょう。では、実際にはどうでしょうか。スピードが要求される時代になった今、現在の人材育成プログラムよりも早く即戦力にする必要が出てきています。そのためのプログラムがオンボーディングです。オンボーディングでは、個々のキャリアやスキルに合わせた育成プログラムを組んでいきます。その人に合った育成プログラムと的確なフォロー体制で新しい人材を迎えます。

オンボーディングのメリット

即戦力化する時間を短縮

時間と費用をかけて採用した人材が「職場になじめないから」「思っていたのと違う」「仕事が覚えられない」「自分には合っていない」などの理由を付けて辞めてしまっては企業にとってはマイナスです。多くは人間関係を含めた職場の環境にあることが分かります。

オンボーディングを導入し、新しい人材が早く仕事を覚え職場になじむことができれば上記のようなことはなくなります。新しい人材も承認欲求が満たされて離職をしようと思うことも無くなります。オンボーディングならこれまでよりも早い時間で人材を育成できます。

採用コストの削減

新しく人材を採用するとなれば、求人広告料、人材紹介料、入社後の研修費用、教育係の費用などが掛かってきます。企業にとっては必要だけど、できるだけ抑えたい費用です。オンボーディングにより早期の離職を防ぐことができれば、人材も定着します。新しく人材を採用する必要もなくなります。結果的に採用コストの削減に繋がります。

会社に対する愛着度が増す

オンボーディングによって早期になじみ即戦力となった社員は組織の一員として認められます。それは会社から認められているのと同じことです。時間が経つごとに会社、組織、メンバーとの理解も深まり会社に貢献したいという気持ちも出てきます。オンボーディングプログラムをしっかりと行うことによって、更に会社への愛着も湧いてくるでしょう。

オンボーディングプログラムの進め方

ミスマッチを防ぐために必要な人材と課題を明確にするどのような人材が必要なのかも大切ですが、企業にとってどのポジションに人材が必要なのかを明確にすることです。本当に人材が不足しているのかを見極めることも大切です。そして必要な人員が確定したら、そのポジションにはどのような人材を望んでいるのかを明確にします。

採用面接時にも具体的な役割や育成方法や内容を伝えます。企業側は求める理想の人材を明確にし、採用担当者が理想の人材を採用します。これが上手くいくとミスマッチが防げます。そうなると、即戦力化への期待も高まります。

オンボーディングプログラムの作成

採用面接時に確認できた人材の特徴を元にします。採用した人材が早期に組織になじみ活躍できるように具体的なオンボーディングプログラムを作成します。一人一人違うプログラムを作成するのがオンボーディングプログラムです。実施する内容が決まったら、達成したい目標とスケジュールを決めます。

入社日には採用担当者が新しい人材を迎え入れ、社内の案内等をするのが良いです。そしてオンボーディングプログラムについても説明しましょう。新しい人材の意見や考えなども考慮してオンボーディングプログラムを変更します。採用担当者も採用時に悩んで選んだ人材ですから、離職することなく活躍してもらいたいという気持ちがあるでしょう。その気持ちも一緒に伝えることができるとオンボーディングプログラムの成功が見えてきます。

オンボーディングプログラムの実行とフォロー、見直し

採用担当者は定期的に新しい人材に接触しましょう。新しい人材が組織になじむまではオンボーディングプログラムが上手く進んでいるのか、不安に思っていないか、疑問点はないのかなどフォローすることも大切です。配属された部署との関係が確立されるまでは気を抜いてはいけません。組織全体で新しい人材をフォローすることにより早期離職を防ぐことができます。また、オンボーディングプログラムに無理はなかったかなども検証して見直すことも必要です。

オンボーディングプログラムのポイント

社内全体への周知を徹底する

オンボーディングプログラムを成功させるには社内周知の徹底が大切です。配属された部署と採用担当者だけが理解していても、他の社員が理解していなくては上手くいきません。企業全体で取り組むことがオンボーディングプログラムを成功させる秘訣です。

オンボーディングプログラムは、既存の新人育成プログラムよりも強力な育成プログラムです。一人一人個別に作成する必要がありますが、組織全体で取り組むことにより絶大な効果を出すことが可能です。新規採用者の早期離職を防ぐだけでなく、早期即戦力化につながるオンボーディングプログラム。この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

最新記事 by 電話代行サービス株式会社広報部 (全て見る)

お問い合わせ