電話代行で働くメリットとは?仕事内容もご紹介

2020.01.31電話代行
Pocket

企業や個人事業主の方など依頼主の代わりとなって、電話対応をする電話代行のお仕事。未経験から働けることも多いため、人気の仕事となっています。この記事では、電話代行の具体的な業務内容や働くメリット、仕事を通して身に付けられるスキルなど、仕事を始める上で知っておきたいことをご紹介します。

電話代行で働くメリット

電話代行の業務内容とは?

依頼主様の会社の一員として、かかってきた電話に対応する必要があります。そのため、業務内容は依頼主様の職種・業種によって、クレーム対応や受注の受付など多岐に渡ります。細かい業務は依頼主様の職種・業種によって異なりますが、大きくは以下に分けられます。

 

テレフォンオペレーター

顧客からの電話を受けて、受注や予約受付をする仕事です。
電話への対応から問い合わせ内容のデータ入力までを一貫して行います。

 

カスタマーサポート(テクニカルサポート)

商品やサービスの情報を顧客に案内する仕事です。電子機器の操作説明など、技術的な問い合わせに対応するケースもあります。内容次第で依頼主様に電話を取り次ぐこともあれば、オペレーターがその場で問題解決まで手助けをすることもあります。

 

電話代行で働くメリット

電話代行で働くメリット

電話代行として働くことにはどんなメリットがあるのでしょうか。代表的なメリットを考えてみましょう。

未経験でも安心して始められる

電話代行業では研修制度やマニュアルが十分に整備されていることが多く、業務経験がなくても心配せずに働きはじめることができます。

 

髪型や服装が自由

対面での来客対応などを行わないため、一般的な事務職と比べて髪型や服装を自由に選べるのも、大きなメリットです。

 

シフトの融通が利く

電話代行の仕事のほとんどはシフト制のため、「午前中だけ」「夕方のすきま時間だけ」といった、都合に合わせて働くことができます。

24時間対応のサービスを提供している業者なら、深夜・早朝にシフトを入れることも可能です。

 

電話代行に向いている人とは?

ここまで業務内容とメリットについて見てきましたが、それではどんな人であれば電話代行の仕事に向いているといえるのでしょうか。

電話代行の仕事には、大きく分けて2つの能力が求められます。

1つ目は、電話をかけてきた顧客の要望を正確にくみ取るコミュニケーション能力です。特に重要なのは、困っている人がいる時に、相手の立場に立ってなにを求めているのかを考えられることと、なにかを説明する時に、相手が分かりやすいよう伝え方を工夫できることです。そうした部分に自信がある人であれば、電話代行の業務もうまく行えることでしょう。

2つ目は、イレギュラーな事態にも対応できる柔軟さです。

オペレーターとして数多くの問い合わせを受けていると、時にはマニュアルにないような質問をされることもあります。そんな時でも臨機応変に対処できる人は、電話代行に向いているといえます。とはいえ、上記の能力が最初から必要というわけではなく、研修や実際の仕事を通して身に付けていくこともできるでしょう。

 

電話代行で働くことで身に付くスキル

電話代行で働くメリット

高品質な仕事が求められる分、電話代行はとてもやりがいのある仕事です。

仕事を通してどんなスキルが身に付けられるのかをご紹介します。

 

ビジネスマナー

依頼主様の代わりとなって丁寧な電話対応をする必要があるため、敬語や言葉遣いといったビジネスマナーが自然と身に付きます。

 

トークスキル

電話代行は電話越しだけで顧客とコミュニケーションをとらなければなりません。

物事を分かりやすく説明する能力はもちろん、適切な声のトーンや喋り方も含めた、どんな分野でも通用するトークスキルを身に付けることができるでしょう。こうしたスキルは電話代行の仕事に限らず、後々仕事や生活で非常に役立つものです。働くことでこれらを身に付けられるのは、大きなメリットではないでしょうか。

 

おわりに

電話代行の仕事は未経験から始めることができ、働くことで役立つスキルを身に付けられることはメリットではないでしょうか。都合に合わせたシフトを組みやすいので、空いた時間を有効活用して働くのにもうってつけです。やりがいのある仕事をしてみたい方は、ぜひ電話代行の求人情報を探してみてください。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

最新記事 by 電話代行サービス株式会社広報部 (全て見る)

お問い合わせ