夜間休日電話代行を利用するサービス業について

2013.02.12電話代行
Pocket

夜間休日電話代行を利用するサービス業とは

数日前に「夜間休日電話代行の緊急連絡」について、弊社オペレーターがご紹介しました。夜間休日電話代行というサービスを利用できる業種はこれだけではありません。他にも利用できる業種について、補足したいと思います。

夜間休日電話代行を利用する一般的な業種

一般的な利用方法とすると「不動産管理業の保守」の業務改善の事例を紹介した記事でもご紹介しました。

  • シャッター修理
  • 自動ドア修理
  • エレベーター保守
  • サーバー保守
  • 各種システム保守
  • 医療機器保守

これらが対象になることが多いサービスと言えます。

エレベーター保守点検の電話応対可能

夜間休日電話代行を利用するテレビショッピング

まずご紹介するは「通販事業者様」です。深夜に放送されている「テレビショッピング」の受付などです。中には早朝や朝方に放送されるラジオショッピングなども、この部類に含まれます。

仕事としては、テレビショッピングやラジオショッピングなどで宣伝を行い、お客様からの電話を対応します。ご注文の商品番号や商品名、お客様のお名前や住所などを伺います。あとはまとめて報告を行います。

テレビショッピングやラジオショッピングなども自社でコールセンターを持っている場合がありますが、夜間や早朝は収益が見込めないことから、コストを抑えるために外注し、弊社のような電話代行を選んで頂く場合もあります。

他にも夜間休日など急ぎの対応が必要な葬儀・葬祭業

他にも夜間休日電話代行が必要な業種があります。それはきめ細やかな対応を必要とする業種に分類されます。

例えば、法律事務所、葬儀・葬祭、貴金属買取・査定、介護サービス、在宅医療など。こういう業種というのは「保守メンテナンス」に関係する業種とは異なりますし、先に紹介した「通販事業者」とも対応方法が異なります。

業種によってはよりきめ細やかな対応やルール付けが必要になるものもあります。代表例をあげると「葬儀・葬祭」と言えます。

理由は言うまでもありませんが、夜間だろうと早朝だろうと、緊急に応対をするべき事案と言えますし葬儀依頼を受け付けで搬送先の確認、、供花・供物などの注文受付通夜・葬儀の日時・場所案内などを応対する必要もでてきます。きめ細やかな対応やルール付けが必要というのには、葬儀の流れの理解や葬儀関係の言葉、用語などを習得しておく必要がございます。

電話対応は時代と共に24時間体制に変化しています。さまざまなことが24時間対応できるようになり、弊社が提供しているサービス「夜間休日電話代行」もまた、多くのお客様から利用頂いております。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

最新記事 by 電話代行サービス株式会社広報部 (全て見る)

お問い合わせ