不測の事態が発生した際のコールセンターの対応

2016.06.25コールセンター
Pocket

様々な実績に基づくコールセンター運営

電話代行を依頼するにあたって、不測の事態が発生した際の対応について気にされる事業主様が多くいらっしゃいます。

  • 「トラブルがあった時にどんな対応をどこまでしてくれるのか」
  • 「急遽、対外的に何かしらの対応が必要になった際、電話応対方法の変更も可能なのか」

などといった、お悩みの声をよくお聞きします。

当社では、皆様のその様な懸念を解消すべく、盤石なオペレーション体制を構築しています。本日は、その一部分をご紹介させて頂きます。

コールセンター代行は「どこまで対応するのか」が大事

まず、当社では25年以上もの間、多種多様な事業主様からのコールセンター運営のご依頼を承ってきた実績があります。その歴史の中で、お役に立てる範囲や対応可能な分野は非常に広くなり、「どの様なコールセンターか」というよりは、「どこまで対応するのか」というところに重点を置いています。ですので、業種別の電話対応ノウハウもそうですが、突発的な内容やイレギュラーな内容であっても、的確に対応できる「対応力」があるのです。

また、普段から、あらゆるケースを想定したシミュレーションを行っていますので、迅速に周知や対応が可能です。それに加え、有事が発生した場合には、その対応方法もFAQマニュアルに反映しますので、仮に再発したとしても、更にしっかりと落ち着いて対応できる様にしています。この様に、急なご依頼やご相談、不測の事態が発生した際でも安心してご利用頂けます。

不測の事態はいつ発生するか分かりません

また、安心してご利用頂けるもう1つの理由として、当社のコールセンターは24時間365日体制となっています。実際に、不測の事態はいつ何どき起こるか分かりません。
例えば、普段は平日のみ受付窓口を開放している事業主様でも、不測の事態が発生した際には、土曜、日曜、祝日も対応しなければならないかもしれません。オペレーション体制を、臨機応変に変更しなければならない時もあるのです。
当社では、突発的な事故や不測の事態などに迅速に対応する、エマージェンシーコールセンターの開設も対応可能です。詳しくは、フリーダイヤル0120-888-882までお問い合わせ下
さい。

いかかでしょうか。当社のコールセンター代行では、一般消費者(エンドユーザー)からの入電を専門に行う部署で対応しています。いつでも万全の体勢で対応させて頂ける様、取り組んでいますので、不測の事態が発生した際の対応も、ぜひ、お任せ下さい。

コールセンターで働くオペレーター

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ