電話対応で変わるエンドユーザー様の気持ち

2012.08.02スタッフブログ
Pocket

電話代行サービス(株)はユーザー様の満足度向上を目指します

電話応対というのは、意外と身近なコミュニケーションツールとして存在しています。多くの人が生まれた頃にはすでに電話というツールを使える状況になっており、最近の子供になれば、携帯電話が当たり前の世の中だった訳です。

そう考えるとツールとしての電話というのは身近な存在と言えるもので電話応対というのはコミュニケーションとして重要な要素と言えるのかもしれません。

電話対応についての記事でこんなことが書かれていました。

「電話対応がよかったので、解約の電話をしたにも関わらず、契約を継続してしまった」

こちらはとあるユーザーさんの話で、引っ越しをする機会にサービスを解約して引越し先で同じようなサービスを探そうと考えていたそうです。そこで、解約の電話を行った所、電話応対として出てくれたオペレーターが大変親切に応対してくれたことに感銘を受け引越し後もサービスを継続することにしたそうです。

どんな対応に感銘を受けたのかというと、

「最後に引越しでこれから忙しくなると思いますがお体に気をつけてくださいと言われた」

と、記事では締めくくられています。

そう考えると電話対応というのは、誰にでもできるような業務でありますが、しっかりした応対を行うことで、ユーザーを引き止めるだけの力も持ちあわせていると言えます。

ハートフルな電話対応

心に寄り添うハートフルな電話対応を目指す

今回の話は残念ながら、弊社のオペレーターの話ではありません。しかし、電話応対において「ハートフルな電話応対」が大変重要であることは弊社自身もしっかりと認識をさせて頂いております。

ただ応対マニュアルだけを重視するのではなく、お客様の要望に沿った対応を心がけ、ハートフルな応対を心掛けております。コストカットや業務効率UPは当たり前、エンドユーザー様の満足が顧客満足につながるという気持ちで、今日も心のこもった電話代行サービスをご提供しております。
弊社のオペレーション品質にご興味を頂いた方は、こちらのページに詳しく掲載させて頂いておりますので、一読頂き、弊社の取り組みを知って頂ければと思います。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ