スマートフォンの普及率から見られる国別の差異

2013.01.10スタッフブログ
Pocket

携帯電話、スマートフォンの普及率は国によって違う

今日は、「国別スマートフォンの普及率」について紹介します。スマートフォンなど先進的な技術を使用する電子機器は、当然先進国の方が普及率が高いと思いきや、下記のようなデータを発見しました。

【スマートフォンの導入率】

調査概要
「コンタクトセンターにおける顧客体験調査」
調査時期: 2012年5月1日~6月30日
調査方法: Fifth Quadrant社によるオンライン調査
調査地域: 日本、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、インドの5カ国
調査人数: 5カ国合計2,681人、日本は513人)

何と、上記のデータを見る限りだと、一番GDPの高い日本が最もスマホの普及率が低いとの事、もともとガラケーの普及率が高かったので、買い替えのタイミングが合わずに普及が遅れているとも考えられますが・・・あくまで、個人の予想の範囲を超えませんが。

また、面白いことに、スマホの普及が高い国の方が、電話でのお問い合わせ以外の方法(ネット問い合わせ、メール問い合わせなど)を希望する人が多いらしく、こちらの調査では、今後のコンタクトセンターでは、電話以外にメール、ソーシャルメディア、チャットなど様々な手段によって連絡ができる体制づくりが必要との事結論が記載されていました。

時代は日々進化しているんですね。電話代行サービス(株)の電話代行(秘書代行)では、オーダーメイドを重視しグーグルカレンダーへの予約時間の記入など様々なニーズにお応えしています。ご興味をお持ちの方は是非、お問合せくださいませ。

タグ : 画像
Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ