社会人としての一般常識やマナーとは?

2016.10.13スタッフブログ
Pocket

一般常識やビジネスマナーを今一度しっかりとおさえておく

社会人として最低限知っておきたい一般常識やマナーについて詳しく紹介していきます。お互いに理解しあって信頼関係を築くことは、ビジネスシーンにおいて非常に大切です。マナーを身につけておくことで、周りとのコミュニケーションが円滑になり、信頼へとつながります。きちんとしたマナーは、個人だけでなく所属する企業の評価にもなります。それゆえ、ビジネスマナーは企業において重要視されており、身に付けていることが当然となります。一般常識やマナーをきちんとマスターし、ワンランク上の社会人を目指しましょう。

business_man_ace

あいさつは基本中の基本!

ここからは、社会人として押さえておきたい5つのトピックについて紹介します。まず、「あいさつ」についてです。
あいさつはビジネスの場において基本中の基本です。ハキハキとした挨拶は仕事をスムーズに進めるきっかけになります。出社するときの「おはようございます」から退社するときの「お先に失礼いたします」まで、場面に合わせ明るく元気に自分からあいさつしましょう。

時間は厳守!

時間を守るのも最低限守るべきルールです。出社時間だけでなく、会議の出席や取引先の訪問のときも、時間にゆとりをもって行動しましょう。遅れる場合は必ず連絡して、お詫び、理由、到着時間の見込みを具体的な数字で伝えましょう。

報連相は原則!

ビジネスシーンで重要なのが、「報連相」と呼ばれる「報告」「連絡」「相談」です。上司や同僚から聞かれる前に自分から進んで働きかけることが大切です。

丁寧なコミュニケーションを心がけよう

丁寧なコミュニケーションを心がけることで、スムーズに仕事を進めることができます。話をするときは敬語や言葉遣いに注意しましょう。用件は簡潔に伝え、自分自身で理解しておくことが大切です。重要な情報は必ずメモし、疑問や不明点はその場で質問しましょう。

整理整頓も重要!

仕事をする上で、自分の机というのは重要なスペースです。仕事スペースが整っていれば、仕事をスムーズに進めることができます。書類や情報の整理は必要不可欠です。会社のルールに従って厳重に取り扱うようにしましょう。定期的に片付けや清掃を行うことが大切です。

マナーとは、互いに気持よく仕事をするための相手への思いやりです。相手に不快感を与えないように意識した行動を心がけましょう。ここで紹介したビジネスマナーをきちんと理解し、ぜひビジネスの場で役立ててください。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ