慌てる必要は一切なし!水道蛇口の水漏れの解決法

2017.04.17スタッフブログ
Pocket

水道蛇口から水漏れが?どう対応するのか紹介

水道の蛇口から水漏れが起こると、いつまで経ってもポタポタと漏れ続け、気になってしかたありません。今回は蛇口にまつわりトラブルが起こってしまった際に、どの様にして対処すべきかを説明していきます。

すぐに業者へ依頼すべき?

手先が不器用な人は、蛇口の水漏れが起こったら専門の業者へ依頼しようと思うのは当然かもしれません。全てのケースに適用はできないものの、中には自らの手で解決できることもあります。今はネットなどで、専門的な部品や用具が安価で手に入るようになりました。次の項目で業者に頼むことなく、自力で直したい人がどうすべきかについて記していきます。

こうすれば自分で直せる!

まず、ネットかホームセンターで、パッキンとワッシャーリング、水道用ゴム、スピンドル、モンキーレンチ、プライヤー、プラスとマイナスのドライバーを購入します。最初に水道の元栓バルブをきっちりと閉めておきましょう。これを怠ってしまうと、蛇口を分解した時に水が勢いよく溢れ出て、修理どころではありません。

まず、ドライバーで上部のカバーを固定しているネジを外しましょう。続いてカバーナットを外します。するとスピンドルが姿を現します。これを外して、新品のものと交換します。

スピンドルの上に新しいワッシャーを入れます。カバーナットの中に、古いパッキンが入っていますので、それも新しいものと代えましょう。カバーナットをモンキーレンチで締め終わったら、元栓を開けます。これで漏れが見られなかったら、無事修理が成功したというわけです。一度試してみれば、すぐに要領を覚えることができます。

業者へ依頼する

自分での修理が面倒であったり、そういった時間を確保できないという人は業者へ依頼しましょう。ただし、水道系の業者から、高額な料金を請求されることもありますので、注意が必要です。よく名前を耳にする会社で、高い評判のあるところを選びましょう。必要な費用ですが、水道の形式によって変わってきます。最も安いものなら8000円ほどで修理可能。デッキ式やワンホールなどの混合水栓なら、10000円から14000円ほどで修理してもらえます。※価格は全て2017年1月時点でのものです。

水道蛇口の修理についての詳細を解説してきました。もし時間に余裕がある人は、ぜひ自分の手で修理にチャレンジしてみましょう。自力での修理はハードルが高いと思っている人でも、実際にやってみると、簡単にできてしまうものです。それほど難しい工程はありませんので、一度、挑戦してみてはどうでしょうか。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ