「規模」によって選択する電話代行とコールセンター代行

2016.05.23コールセンター
Pocket

コールセンターのアウトソーシングを手軽に利用する

「コールセンター」という言葉を聞いた時、インカムを付けたオペレーターがオフィスの一室に机を並べ、何十人にもなるオペレーターがかかって来た電話へと次々に対応していく光景を思い浮かべるのではないでしょうか。そして「自社の不在対応などをお願いしても良いのだろうか?」という思いです。

最近忙しくなりはじめ、外出することが多くなってくると、どうしても電話の対応をする人間がおらず、電話対応ができていない。そこで、外出時間中、外へと営業に出ている時など、アウトソーシングにて電話の対応をしてくれるところを探していると、電話代行やコールセンター代行に到達すると思います。

しかし、1日に多くの電話がかかってくるわけではありません。どこにお願いすれば良いのか迷っている時、アウトソーシングを手軽に利用することができるのが、弊社が提供しているサービスです。

woman_income_work_back02

コールセンターへとお願いできない対応も「電話代行」なら

電話代行というのは、その名前の通り「電話を代行するサービス」となります。コールセンターとは同一の仕事と言えなくはありませんが、規模的には小さく、より手軽に電話の対応を必要とする際に利用することができます

では、どんな時にコールセンター代行ではなく、電話代行を利用することができるのか。例えば、「キャンペーン事務局」などの場合はどうでしょうか。

キャンペーン事務局というのは、企業がプレゼンやお客様参加型などのキャンペーンを企画した時に、それらのお問い合わせに対応するために設置する事務局となります。基本的には電話番号をキャンペーンのチラシやポスターなどに掲載しますが、よほどのことがない限り、頻繁に電話などがかかってはきません。この場合は、キャンペーンの規模によって「コールセンター」や「電話代行」を使い分けることが出来ます

しかし、気を付けないとデメリットが生じる可能性もあるので注意が必要です。それは、電話対応する可能性のある総数を見誤った時です。少ししか電話対応を行う必要がないのに、コールセンターへとアウトソーシングしてしまった時です。

電話対応する総数の見極めが完璧で、それほど件数が来ないと分かっていたのなら、安価で対応することができる「電話代行」を選択することで、無駄を抑えながらも、キャンペーン事務局を運営することが出来ます。

コールセンターのメリットとデメリットについては「コールセンターをアウトソーシングするメリット、デメリット」でより理解できるかと思います。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ