不動産業種の電話対応で大切なこと

2016.07.25スタッフブログ
Pocket

不動産業専門電話代行でお客様に安心感を

日銀のゼロ金利政策により、住宅ローンの金利が下がったことで、「今が住宅の買い時である」と不動産購入を検討する人が増えてきました。一生を住むであろう住宅を購入する際、多くの人は大手不動産会社はもちろん、地元に密着する不動産店や工務店などにも問い合わせをします。特に新築一戸建てや中古一戸建て、分譲地などは、やはり、地元の不動産屋さんは人気がある様です。その様な不動産購入を検討しているお客様からの電話は非常に大切です。対応を間違えてしまうとお客様が離れていってしまうかもしれません。今日は、不動産業種における電話対応について触れたいと思います。

お客様の不安を拭いとる電話対応を

まず、不動産業種の電話対応で大切なことは、お客様の不安を拭いとることではないでしょうか。なぜかというと、多くの人にとって不動産を購入することはとても大きな買い物ですし、人生の中でそう何度も経験することではないので、慎重に構えているのと同時に、前提として「不安」を持ち合わせているからです。

そのため、安心感を持ってもらうまでには積み重ねや時間が必要かもしれませんが、最低限、不安を持たれない、不安を払拭することは必要なのです。では、不動産業種において、お客様が不安を感じるタイミングはどんな時なのでしょうか。よく言われるのが、

「連絡がつきにくい、折り返しの連絡が遅い」「担当者が頼りない、話が二転三転と変わる」

などといった時です。「連絡がつきにくい、折り返しの連絡が遅い」については、確実に電話に応答することと、迅速に電話連絡することが求められます。お客様にとって、不動産の購入は高価な買い物ですから、メールでのやりとりという訳にはいきません。やはり、肉声を通じたやりとりの方が安心できるのです。

場合によっては、お客様が電話をかけやすい時間帯にも電話受付ができれば良いかもしれません。しかし、夜遅くまで受付時間を延長するにも、そのためだけに人材を確保するのが難しい場合もあります。その様な際は、当社の「不動産業専門 電話代行」をお勧めします。

不動産業専門だからできる様々な対応

当社の不動産業専門の電話代行は、電話対応に追われがちな不動産事業者様のためにスタートしたサービスです。この業界は、電話でのやりとりが非常に多い業界です。まさに、不動産事業者様の「猫の手」になるべく始められました。サービス内容としては、事前にお預かりした物件資料から各種条件や情報を案内したり、また、お預かりした物件資料や図面をFAXやメールにて送信するサービスもあります。

また、対応するスタッフも、不動産用語に精通したものが担当しておりますので、安心して電話対応をお任せ頂けます。

電話連絡をする営業マン

「衣食住」という言葉の通り、「住まい」に関することは非常に重要です。だからこそ、電話一本の大切さを理解した上で、不安を拭いとり、安心感を与えれる様な電話対応を提供したいと思います。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ