タブレットの通信料を比較!節約方法を解説

2017.02.16スタッフブログ
Pocket

最近では携帯やスマホだけではなく、タブレットも持っていて利用しているという方も増えてきています。電車の中でもタブレットを操作している人をよく目にしたりします。そんなタブレットですが、通信料はどうなっているのでしょうか?ここでは通信料の比較や、少しでも安く抑えるための方法などについて解説していきます。

タブレットを使って仕事するビジネスの現場

そもそもタブレットとは?

タブレットを持っていなかったり、よく知らないという方もいると思いますので、まずタブレットについて少し説明したいと思います。

タブレットというのは、パソコンの様なキーボードやマウスはついておらず、画面上を指でタッチすることによって操作する小型のコンピューターのことを指します。スマートフォンも画面をタッチして操作する点では同じですが、タブレットとはまた別種の機械となっています。スマートフォンでは書類を作成したり、編集などをするのには適していません。しかしタブレットでは、音声通話はアプリがないと不可ですが、キーボードやマウスがついていなくても書類の作成や編集をすることが可能です。

タブレットの利点はなんといっても、小型のため持ち運びしやすく利便性が高いということです。またスマートフォンよりも画面も大きく見やすいので操作もしやすいことです。そしてバッテリーも大容量であることが多いので外出先などで充電切れの心配も少ないです。

タブレットの通信タイプについて

タブレットには、通信の方法で分けた場合、大きく3種類あります。それは、3G/4G/LTEモデルSIMフリーモデルWi-Fiモデルの3つです。

3G/4G/LTEモデルというのは、ドコモ、au、SoftBankなどの大手キャリアと呼ばれるところで売られているタブレットになります。特徴としては、タブレット単体のみで通信が可能となっていて、その料金プランについては基本キャリアに準ずる形となっています。通信料は他の通信の種類よりも高くなるため、利用料を節約したい方には不向きです。ただしキャリアタブレットにはWi-Fi通信機能が搭載されているため、キャリアプランは選択せずにWi-Fi/Wimaxプランで利用する方法があります。注意点はそのキャリアに対しての本体残金支払いや解約手数料が発生してしまうことです。

次にSIMフリーモデルというのは、タブレットの本体へSIMカードを差し込みネットが利用できるようにするタイプのことで、単体での通信が可能です。しかし利用に際しては、格安SIM会社との契約が必ず必要となってきます。格安SIM会社とは、楽天、mineo、IIJmio、DMM、@niftyなどがそうです。

利用には最初に色々な設定の作業が必要になってくるので機械音痴の方にはちょっと難しいかもしれません。また大手キャリアより安いプランはありますが、その場合だと月当たりの通信容量についての制限が厳しいので速度制限がかかってしまいやすくなるというデメリットがあります。

しかし格安SIMのバリエーションは沢山あって、ネットは少ししか利用しない方向けのプランだったり、外出先で動画などをよく見る方向けのプランなど様々なため、自分の目的に応じて好きなプランを選択できる利点があります。外出先でタブレット利用が頻繁な人でしたらSIMフリーモデルはおすすめです。

最後にWi-Fiモデルですが、これはタブレットにあるWi-Fi機能を利用して通信を行うタイプのことです。しかし利用するには、別にWi-Fiを発信しているところが必要になり、WiMAXやポケットWi-Fiを契約しなくてはなりません。ポケットWi-FiにはSoftBankやY-mobileがあり、WiMAXならUQ mobile、nifty、GMOなどがあります。月当たりの通信容量制限も十分にあって、利用料も安く抑えることができます。最初に利用する際にも、SIMフリータブレットよりも簡単なため、機械音痴の方でも使いやすいと思います。

タブレットの通信料をできるだけ安く抑えるには?

タブレットの通信料をできるだけ安くする方法ですが、大手キャリアのタブレットは、通信料を含めた利用料もタブレットの本体価格についても割高になってしまう傾向があるので、あまりおすすめはしません。

そのため、あまりゲームや動画などの大容量のものを頻繁に通信しない方でしたら、SIMフリータブレットをおすすめします。1GB~5GB程度でしたら2000円以下での利用も可能です。しかし、音楽や電子書籍、ゲームや動画などを頻繁に利用して通信する方でしたら、Wi-Fiモデルをおすすめします。大容量通信はWi-Fiモデルが最適です。格安SIMと比べても、Wi-Fi/WiMAXでは高速のままで無制限プランがあるのが嬉しい点です。

できるだけ安く利用したいなら、Wi-Fi通信を使ったりWiMAXがおすすめだと言えます。しかしWiMAXの方がポケットWi-Fiと違って、インターネットのプロバイダーなどの代理店数が多いため、キャンペーンの実施が頻繁にあるので、月額割引やキャッシュバックなどの特典があるので綜合的な利用料の安さでいうと一番WiMAXがお得だと思います。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ