電話代行を提供する電話代行サービス(株):お役立ち情報

業界トップクラス 契約実績6000社

電話代行サービス株式会社

お役立ち情報

バーチャルオフィスを借りるときに知っておくべきメリットとデメリット

バーチャルオフィスを借りるときに知っておくべきメリットとデメリット

みなさんは「バーチャルオフィス」という言葉を知っていますか? 会社を設立するにあたって、事務所を構えることは必要条件のひとつですが、経済的負担が大きく、独立開業の足かせになっているのが現状です。ここでは、そんな負担を軽くするバーチャルオフィスについて紹介していきます。

バーチャルオフィスとは?

バーチャルオフィスとは日本語に直訳すると「仮想事務所」という意味になり、実際に事務所を構えなくても、ビジネスを行うことができるサービスのことを言います。開業して事務所や会社を設立するには、住所や電話番号などが必要になりますが、バーチャルオフィスではそれらをレンタルすることができます。

ただし、実際にその住所に事務所が存在するわけではないので、そこで業務を行うことはできません。バーチャルオフィスに届いた郵便物や荷物は、設定した場所へ自動的に転送される仕組みになります。オプションとして会議室の予約や、電話代行をしてくれるほか、実際にオフィススペースを借りられるサービスもありますが、大半は別料金の設定になっています。

バーチャルオフィスのメリット

バーチャルオフィスを利用する最大のメリットと言えば、安いコストで事務所と同じ機能を得られることが挙げられます。実際に事務所を設置するとなると、敷金や礼金、月々の家賃や光熱費など多くの費用が発生します。しかしバーチャルオフィスにしてしまえば、わずかな出費で事務所の機能を果たすことができます。

また、立地の良さという点でも優れています。バーチャルオフィスは一等地の住所であるケースも多く、お客様からの安心や信頼を得ることができるでしょう。
バーチャルオフィスはネット通販など、直接お客様が来社しないようなケースの業務形態において有効だと言えます。

バーチャルオフィスのデメリット

メリットが多いバーチャルオフィスですが、その反面デメリットもあるので、メリットだけを見て選択してしまうのは要注意です。まず、バーチャルオフィスの利用においてハードルとなってくるのは、銀行において法人口座の開設が難しい、という点です。これは、近年バーチャルオフィスが詐欺などの犯罪に使われていることが原因で、多くの銀行は、口座開設にあたり厳しい審査を行っています。ただ、複数の書類を提出したり、事業目的や営業実態などをきちんと証明することにより開設できるケースもある様です。もし、口座が開設できないとなればデメリットになりますので、この辺りについては、バーチャルオフィスの運営会社にしっかりと確認をとりましょう。

また、郵便物や荷物はバーチャルオフィスに届くことになるため、指定した転送先に届くまでに時間がかかることがあります。そのため、至急確認したい郵便物や荷物がある場合は、デメリットに感じるかもしれません。法人化して対企業相手に本格的に取り引きをするのであれば、バーチャルオフィスは避けるのが賢明です。

このように、バーチャルオフィスは少ない初期投資で事務所の設置ができるメリットがありますが、法人化するに当たってはデメリットも発生してしまいます。上記で紹介した内容に注意しながら、賢くバーチャルオフィスを利用してみて下さい。

電話代行サービス(株)のお問い合わせ

当社のサービス内容や料金について、担当スタッフが丁寧にご案内いたします。どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせ下さいませ。

  • 0120-888-882
    • 無料お見積り
    • お問い合わせ

ページトップへ


電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.