電話代行を提供する電話代行サービス(株):お役立ち情報

業界トップクラス 契約実績6000社

電話代行サービス株式会社

お役立ち情報

コールセンターの運営に必須! コール担当者の喉のケア方法

コールセンターの運営に必須! コール担当者の喉のケア方法

コールセンターで働く人にとって「声」はとても大切なもの。声が枯れてしまっては電話対応業務に大きな影響が出てしまいますが、喉がガラガラに枯れてしまい苦労している担当者も多いようです。
いつどんなときでも、聞き取りやすい声で電話対応をするために、日々の喉のケアは欠かせないと言えます。

ここではコールセンター担当者の喉のケア方法についてご紹介いたします。

コールセンター担当者の喉が痛くなってしまう原因

コールセンター担当者にとって、喉の痛みや声の枯れは職業病の1つと言えます。
声を使う職業と言えば、司会やアナウンサーなどたくさんありますが、業務時間中ずっと話し続けていることはまずありません。しかしコールセンターでは、ほぼ一日中話しをしている状態となるため、想像以上に喉を酷使しています。

喉が痛くなってしまう原因の1つとして、過度な発信業務が挙げられます。発信業務では、呼び出し中以外はほとんど話していなければいけないため、発信業務が多いほど喉が痛みやすくなると言えるでしょう。

また、風邪やウイルスの攻撃も要注意です。夏場はエアコンにより空気が冷たく、冬はエアコンの暖房で空気が乾燥します。そのような状態では喉が冷えたり、乾燥するだけでなく、ウイルスなども活性化するため、風邪などで喉を傷める可能性が高くなります。
このような状況は、個人だけでなく、会社全体で環境を整えることが大切です。

コールセンター担当者にできる喉のケア方法

ただでさえコールセンター担当者は喉を酷使しますから、しっかりとしたケアを行う必要があります。効果的な解消方法を以下にまとめてみました。

喉に良い食べ物、飲み物を

喉が痛くなる原因としては、炎症や乾燥が挙げられますので、喉に潤いを与え、殺菌作用が高い食べ物や飲み物がおすすめと言えます。手軽なものと言えばはちみつ。はちみつには高い殺菌作用があり、休憩時間などにお湯で割ったりして飲むと効果的です。逆にアルコールやタバコ、辛い物などは喉を傷めやすくしますので注意するようにしましょう。

食塩水でうがいを行う

休憩時間や帰宅時にうがいをしている人も多いかと思いますが、食塩水でうがいをすることで、殺菌効果が高くなり、通常のうがいよりも風邪やウイルスによる感染を防いでくれると言います。100㏄ほどの水にひとつまみの塩を入れてうがいをしてみるようにしましょう。逆に濃い食塩水は喉を傷めてしまうので注意してください。

喉が痛くならないようにしておくべき対策

コールセンターの担当者は普段から喉を傷めないための対策も重要です。これらの対策はコールセンター担当者だけでなく、会社で環境などを見直す必要もありますので、一度チェックしてみてください。

喉を休める時間を作る

どれだけ喉のケアを行っていても、一日中話すような業務では喉を傷めてしまいます。業務の交代を行うなどして喉を休めることができる時間を心掛けましょう。

できるだけ乾燥させないようにする

個人でできる対策としては、普段の生活ではマスクを着用することなどがおすすめですが、オフィスに加湿器を設置するなど、空気が乾燥しない環境作りが大切です。

喉のストレッチをする

普段から発声練習などを行い、喉を鍛えることも大切ですが、首や喉周りのストレッチを行うことも大切です。口を大きく開けながら、舌をだしたりひっこめたりすると効果的です。また、首回りの筋肉をほぐすのもおすすめ。首をゆっくりと大きく回す動作も行ってみてください。

コールセンター担当者は喉が命!というくらい声は大切です。常に万全の態勢でお客様に対応するためにも、上記を参考にして、喉のケアを行うようにしましょう。

1ヶ月無料キャンペーン

電話代行サービス(株)のお問い合わせ

当社のサービス内容や料金について、担当スタッフが丁寧にご案内いたします。どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせ下さいませ。

  • 0120-888-882
    • 無料お見積り
    • お問い合わせ

ページトップへ


電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.