イライラを上手にさばくスキルとは?

2020.02.20ビジネス豆知識
Pocket

職場は、常に成果を求められることもありイライラが発生しやすいといわれます。多くのビジネスマンは、仕事中にイライラした経験があるのではないでしょうか。イライラは避けられないとの意見もありますが、円滑に仕事を進めるためにもできれば解消したいものです。今回は仕事でイライラする主要原因に加え、ビジネスパーソンが知っておきたいイライラ解消スキルをご紹介します。

イライラする社員

なぜイライラするのか?

仕事でイライラする最大の原因といわれるのは人間関係です。仕事の遅れ、高圧的な上司、必要書類の紛失、パソコンの不調なども主要原因に挙げられます。

人間関係の悩みは多い

職場では、上司や先輩、同僚、部下との人間関係でストレスを抱えているケースが多く見られます。

誰でも、価値観や考え方は同じではありません。仕事も例外でなく、上司や先輩が自分の意志に反する指示を出す、また部下が自分の考えに反発するといった事態は少なからず起こります。

意見の違いからお互いに距離感が生まれると良好な人間関係の構築は難しくなり、イライラした気持ちを招きます。

仕事が予定通りに進まない

働いていると、トラブルに見舞われることは珍しくありません。仕事を予定通りに進めるのは、難しい作業です。

多くの業務を抱えていても、上司から追加の仕事を頼まれる場合があります。人手が足りないなか、部下が体調不良で病欠することもあるでしょう。天候不順や災害によっても仕事は遅れるかもしれません。

やむを得ない事情でも、実際に仕事の遅れが発生するとイライラしてしまうものです。

上司や先輩が高圧的

上司や先輩にも、いろいろなタイプが存在します。自分にとって、理想的と思える方ばかりではありません。

上司や先輩も人間であり、長所も短所ももっています。人によっては、部下に対して高圧的な態度になることがあります。理由は、「威厳を示すため」や「なれ合い避けるため」などさまざまです。

必ずしも悪気があるとは限りませんが、上司や先輩の高圧的な態度は部下をイライラさせる傾向があります。

必要書類が見つからない

仕事中、なかなか必要書類が見つからずイライラした方は少なくないでしょう。

とくに会議の前に資料づくりを急いでいる時は、すぐに書類が出てこないとストレスは蓄積する一方です。目当ての書類がデスクに積み上げた資料のなかにあり、その途中から抜き出した時に資料の山が崩れることもあります。

そんな時は、イライラするあまり仕事を投げ出したくなるかもしれません。

パソコンの動きが悪い

パソコンは、いろいろな原因で動きが悪くなります。なかなか起動せず作業を始められないと、どうしても苛立ちを感じるでしょう。

最初はスムーズに画面が立ち上がっても、使い続けるうちにデータ量が増えると動作は鈍くなっていきます。同時にたくさんのファイルを開いた時にも、動作スピードは遅くなりがちです。

いまでは多くの方が把握している現象ですが、それでも仕事を急いでいる時にはストレスが募ります。

イライラの解消法

イライラは、その原因ごとに解消法が変わります。何か対策するなら、各々のケースに合わせ適切な方法を選ぶと効果的です。

人間関係で悩んだら

人間関係で悩んだら、あまり過度な期待を抱かないことが賢明といわれています。

人それぞれ仕事に対する考え方が異なる以上、常に同意を求めるのは困難です。ほとんどの場合、どの意見にも言い分があります。どれほど自分が正しく思えても、必ず分かってもらえると期待し過ぎるのは良くないでしょう。

良好な人間関係をつくるうえでは、まずお互いの違いを認め合い、自分の意見を無理強いしない心がけが大切と考えられます。

仕事がはかどらない時には

仕事がはかどらない時には、焦らないことが大切です。

多くの仕事に追われている場合、焦りは失敗につながります。気持ちに余裕がないと、部下が病気で苦しんでいるのに「お大事に」といえず「大変な時に休まれるのは迷惑」と責めてしまう恐れもあります。

そんな事態を避けるには、落ち着いて現状を確認するのが得策です。冷静になれば、遅れを取り戻す方法をいろいろ考え出せるでしょう。

高圧的な上司や先輩がいたら

高圧的な上司や先輩がいたら、一時的か慢性的かチェックするのは有効です。

一時的な場合、何かのきっかけで高圧的になっている可能性があります。部下が敬語を使わない時だけ高圧的になるなど原因が分かれば、態度の改善を見込めます。慢性的なら、そういうタイプと認めるのも選択肢のひとつです。

ただ、許容できるレベルでなければパワハラに該当する恐れもあります。そんな時は我慢せず、誰かに相談しましょう。

デスクは整理整頓

デスクは、整理整頓が基本です。きれいに片づけておけば、いざという時に必要書類がどこかに紛れる心配はありません。

デスクの整理方法は、いろいろなスタイルが知られています。緊急性の高い重要資料は手元に残し、数カ月も目を通していない古い資料から処分する方法は効果的です。どれが大切か判断するタイミングは、朝、1日のスケジュールを確認する時が適しています。

机上がきれいであれば、仕事もはかどるでしょう。

パソコンの調子は常にチェック

パソコンの調子は、常にチェックしておくと安心です。

起動が遅くなり始めたら、不要になったファイルは削除しておきましょう。ゴミ箱も、定期的に空にしておくとデータ量による負担を軽くできます。作業が習慣化すれば、大して面倒に感じません。

パソコンも普段から整理整頓を心がけるとパフォーマンスは上がり、イライラせずに済みます。

気持ちのもち方も大切

職場の人間関係や仕事の進み具合でイライラしないためには、感謝の気持ちをもつことも大切です。

誰に対しても「ありがとう」

よく、会社の仕事は1人では進められないといわれます。さまざまな部署の大勢の方の業務が組み合わさることで、大きな成果を生み出せるためです。

よい成果を出すには、肌が合わないと感じている同僚とも協力することが望ましいと考えられます。忙しい時は、単独で進めるより誰かに手伝ってもらったほうが早く終えられるでしょう。

緊急時には、仕事に不慣れな部下も頼れる存在です。簡単な作業を誰かに任せられれば、自分は手間のかかる業務に専念できます。より多くの成果を上げるなら、みんなで仕事を分担することも不可欠といえます。

優れた業績を数多く残すには、たくさんの力が必要です。それを分かっていれば、誰にでも感謝できるでしょう。肌の合わない同僚や仕事に不慣れな部下にも、イライラしなくなるものです。

気持ちに余裕をもつ

イライラ対策には、気持ちに余裕をもつことも重要です。精神的にゆとりがあると、普段ならイライラする場面でも受け流せる場合があります。

気持ちに余裕をもっている時には、多少の問題なら許せる心が生まれます。上司や先輩に高圧的な態度を取られても寛大になれるので、大して気になりません。部下のミスで仕事が遅れても、誰にでも失敗はあるのだからフォローしようと思えます。

そんな精神状態を維持するには、こまめに休憩を入れるのがおすすめです。その際、飲み物や甘いお菓子を摂取すると効果は上がります。飲み物なら牛乳やハーブティー、お菓子ならチョコやガム、他にはビタミン豊富なキウイもよいといわれています。

勤務中もオンとオフを上手に切り替え、できるだけイライラせず仕事に臨みましょう。

イライラしたら深呼吸

自分がイライラしている時には。周りも同じ気持ちを抱いている可能性があります。一緒に不満を口に出していると、相乗効果でイライラは拡大する恐れがあります。

イライラしたら周りと同調せず、一度、深呼吸するのが効果的です。数回ほど大きく深呼吸すると、徐々に気持ちは落ち着いてきます。イライラした感情が和らげば、冷静さを取り戻せるでしょう。

仕事するうえで、イライラはプラスに働きません。ご紹介したさまざまな方法でイライラを解消し、より良い業績を上げるのに役立ててください。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ