ストレスマネジメントとは

2019.07.16ビジネス豆知識
Pocket

近年、労働者のメンタルヘルス不調が社会的に大きな問題になってきています。仕事のストレスを上手くコントロールすることが大切です。上手くストレスと付き合うことができれば問題ありません。今回はストレスマネジメントについて紹介したいと思います。

ストレスマネジメント

ストレスをマネジメントするということは

労働者が仕事の人間関係や日々の業務において、健康で幸せな生活に支障をきたすようなストレスに対処することです。過度なストレスは労働者の健康を害し、仕事にも影響を及ぼします。労働者が通常の業務をできないとなると企業にとってもデメリットです。ある程度のストレスがかかるのは仕方のないことだと思いますが健康や仕事に影響しない程度にコントロールすることが大切です。

ストレスマネジメントが必要な理由

仕事のストレスによるメンタルヘルス不調者増加

近年の仕事環境における変化からメンタルヘルス不調を訴える労働者が増えています。そのため、長期休業者や退職者の増加が問題になっています。企業にとってもメンタルヘルス不調者が増加することはデメリットが多いでしょう。このようなメンタルヘルス不調による長期休業者や退職者を減らすことは企業にとって必要な対策でもあります。

ストレスチェック制度の義務化

2015年12月より、労働者数50人以上の事業所においてストレスチェック制度が義務化されました。ストレスチェック制度においては、労働者が50人以上いる場合、年に1度全ての労働者について行う必要があります。このストレスチェックにおいて高ストレスと判断された労働者から申し出があった場合は、医師による面談を実施しなければいけません。事業者は面談を行った医師の見解を聞いてから、遅滞なく1か月以内に職場環境の改善や就業内容の見直しをしなければいけません。ストレスチェック制度では、年に1度とされていますが必要に応じて改善するまでマネジメントとして行う方が良いでしょう。

労働者のパフォーマンス低下を防ぐため

過度のストレスは労働者の仕事に対する意欲を低下させてしまいます。ストレス過多による深刻な事態になる前に適切な対応を取ることが大切です。適切なストレスマネジメントができれば、労働者の健康と仕事に対する意欲を維持させることができます。

ストレスマネジメントの方法

ストレスを感じる原因は、人によって様々です。日常生活で仕事以外にもストレスを感じることもあります。気候や季節や場所などストレスを感じる原因はみんな違います。そのため、個人でできるストレスマネジメントの方法を周知させることも必要です。

自分がストレスを感じる要因を知る

日常において自分がどのようなことに対してストレスを感じるのかを把握しましょう。仕事ではどのようなことに対してストレスを感じるのか。例えば、人間関係だったり業務に関することだったりなど。日常から感じるストレスとしては、暑いや寒いと感じること。また、季節や気候からストレスを少なからず感じているものです。どのようなことで自分がストレスを感じやすいのか把握することが重要です。

ストレスを感じた時の対処法を知る

次にストレスと上手く付き合うために重要なのが対処法です。この対処法を多く知っている、持っているとストレスマネジメントが上手くいきます。自分がストレスを感じる要因が分かっていても避けられないことが多くあります。そのような時にストレスと真正面から向かっていては大変です。かわす方法を用意しましょう。

ストレスを感じた時の考え方、捉え方の転換はとても有効な方法です。逆にストレスを受けた分、違う形で発散する方法も有効です。体を動かすことや、趣味や気晴らしのための適度な飲食。コミュニケーション、リラクゼーション、おしゃべり、その他自分が好きなことをするなど。ストレスをためないようにすることが自分でできるストレスマネジメントです。

そして、自分でできる一番のストレスマネジメントは休息、睡眠です。これを忘れないようにして適度に体を休めましょう。

企業内での定期的な面談やサポート体制作り

企業内でできるストレスマネジメントの方法としては、労働者に対して定期的な面談を行い、業務や人間関係でのストレス状況の把握に努めることです。直接の上司に面談できない場合も考えて、違う部署や人事担当が面談できる体制作りも必要です。

また、ストレスマネジメントを企業内に浸透させることも大切です。業務を効率化させるためにはストレスマネジメントが必要だということを理解してもらわないといけません。管理職や上司にストレスマネジメント研修を受けさせる方が良いでしょう。

仕事をしているとストレスはどうしてもかかってしまいます。そんな時にどういう風に対処するかで体や心への負担具合も変化します。しかし、ストレスが発生したときに対処する方法を知っていればたいていのことは問題ありません。企業としてはストレスマネジメントしやすい職場環境作りが大切です。ストレスはためないように適度に発散しましょう。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ