電話代行と秘書代行はどう違うの?

2013.02.04秘書代行
Pocket

電話代行というサービスはあまり利用する機会がなく、触れることのないサービスと言えるため、多くの一般人には浸透していないマイナーなサービスと言えるかと思います。そのため、「電話代行」というサービスについて質問などを頂きます。今回は、そんなお客様からお問い合わせ頂いた質問を取り上げ、回答を掲載させて頂ければと思います。

質問を受けるオペレーター

お客様からのご質問

電話代行を行う業者さんのホームページでは、電話秘書や電話代行、秘書代行、秘書サービス、電話秘書代行など、様々な表現を見かけます。どのような違いがあるのでしょうか?

弊社の場合も、社名に電話代行という言葉を使用していますが、サービスの中には「秘書代行」という言葉もあります。同業他社を見てみても、「電話秘書」というところもあれば「電話秘書代行」を使用しているところもあります。

どれが正解なのか、どれが正しい言葉なのかをご紹介します。

ご質問への回答

個人的な見解になってしまいますが、基本的にはいずれの呼び方も同一の内容、同一のサービスであると考えて頂いて結構です。つまり、「電話代行」=「秘書代行」=「電話秘書」=「電話秘書代行」です。

おそらく、最初に出てきた言葉としては「電話代行」「秘書代行」という言葉だったのではないでしょうか。様々な企業が参入するようになり、サービスの差別化を図る過程でさまざまな言葉が用いられるようになりました。結果として、「秘書代行」や「電話秘書」などの言葉も広がるようになりました。

かかってきた電話に対して、「今、席を外しています」と答えるサービスも含め、スケジュールを管理したり、問い合わせ内容を確認したり、あくまで電話越しの秘書として仕事をするようなサービスを提供するものに対して、「秘書代行」や「電話秘書代行」と呼ばれているのです。

いずれの呼び名であっても、基本的には同じ意味です。一番メジャーとも言える言葉は「電話代行」になると思いますので、基本的には「電話代行」で検索などすれば業者が見つかるかと思います。

業界で使われる用語は、その業界に関わらない限りわかりにくい言葉といえます。電話代行というサービスだけを求めるお客様の場合には、言葉の違いに悩まれているかもしれません。全てが「電話代行」と同一で問題ない、とご理解頂ければと思います。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ