税理士の活動を秘書代行でサポート!

2017.08.20秘書代行
Pocket

税理士事務所における秘書代行のサービスメリットとは?

税理士とは税務の専門家ですから、業務は税金に関する諸々の手続きが含まれ、その範囲は多岐にわたります。多くの業務に追われるとは言え、税理士の方にとって1本の電話も無駄にはできません。その様な事情から、税理士事務所でも秘書代行が多く有効活用されています。今回は、税理士事務所における秘書代行のサービスメリットについてご説明します。

税理士の男性

税理士の業務、課題、ニーズなど

まず税理士の業務には、おおまかに納税者の代わり税金の申告などを行う「税務代理」、各種申告書など税務署に提出する書類を作成する「税務書類の作成」、税金に関する相談にのる「税務相談」があります。

ただし税理士法が定める様に、業務は「他人の求めに応じ」て行われます。依頼がなければ事務所を経営できませんから、新規の依頼を逃さないためにも電話応対業務の安定化は欠かせません。依頼数の増減は、電話応対の良し悪しに左右されるとも言えます

しかし、多忙を極める税理士の方が電話応対の腕まで磨くことは困難であり、誰かを雇って育成するコストも安くはありません。その様な時に有効と考えられる選択肢が、電話対応に特化した秘書代行というサービスなのです。

秘書代行だから解決できること

秘書代行はいわば電話対応の専門サービスですから、新規のお客さまが電話を下さった時に誰も受話器を取らずに電話が切れて、せっかくの依頼を逃してしまうという心配は不要です。また、オペレーターはしっかりと教育を受けているので、事務所のイメージ向上も期待できます。

常日頃から、オペレーターは思いやりのある対応を心がけていますから、ひとたび電話を受けたら親身になって話を伺います。お客さまを不快にすることなく、その方の立場に配慮しながらの対応を心がけますので、信頼関係の向上にもつながります。そして、お客さまからの電話はしっかり内容を把握し、税理士の先生に正確に報告します。多忙な税理士と、悩みを抱えたお客さまとの安定的なインタラクティブ・コミュニケーションを支える。それが秘書代行オペレーターの使命であり、役割なのです。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ