不動産関連の問い合わせ増加には電話代行

2021.01.26電話代行

新型コロナウイルスの流行は、不動産業界に来店数の減少など、大きな影響を与えています。それでも物件探しに見られるニーズの変化を理解すれば、今後に活かせるかもしれません。着信が増えたら電話代行を利用することで、取りこぼしの防止に役立つでしょう。そこで今回は、将来性が見込まれる物件や、着信が増えた時に電話代行がもたらすメリットをご紹介します。

不動産関連の問い合わせ増加には電話代行

楽観視できない新型コロナウイルスの流行

新型コロナウイルスの流行が不動産業界に与えた影響は、決して楽観視できる状況ではありません。とくに来店数や売り上げは減少傾向にあり、学生の解約も目立ちます。

来店数や売り上げが減少

新型コロナウイルスが流行して以降、多くの不動産事務所は来店数や売り上げの減少に見舞われています。

いまも新型コロナウイルスの流行は収束する気配がなく、全国的に外出自粛が求められている状況です。一時期に比べると繁華街は人出が見られるものの、かつての賑わいは取り戻せていません。

さまざまな業務が停滞している状況は、不動産業界も同様です。以前より事務所から客足は遠のき、内見数も減るなか、売り上げは伸び悩んでいるといわれています。

学生の解約も増加傾向

学生を主なターゲットにしている不動産事務所では、賃貸物件の解約が目立っています。

かつて都市部の大学では、地元を離れ大学の近くに下宿する学生が多く見られました。いまはオンラインでの授業が中心になり、学生が下宿先を解約するケースが増えています。

学生の解約は、国内にとどまりません。新型コロナウイルスは世界的に流行しているため留学生の来日が難しくなり、賃貸契約をキャンセルする事態が生じています。

営業時間短縮やイベントの規模縮小

事務所の営業時間短縮やイベントの規模縮小も、不動産業の経営状態に大きく影響している要素です。

最近は、新型コロナウイルスの感染リスクを下げるために営業時間を短縮し、従業員に早く帰宅してもらう職場が増えています。不動産事務所も例外ではありませんが、営業時間の短縮が売り上げに多少なりとも影響しています。

さらに、イベントの規模縮小も売り上げへ影響を与えているようです。モデルルームの展示会では、狭いスペースでの密集を避けるために完全予約制が原則になり、販売戸数は下降しているといわれています。

テナントの家賃減免要求や撤退

新型コロナウイルスの影響により、テナントでよく起きているのが、契約者からの家賃減免の要求です。場合によっては、テナント企業が撤退するケースも見られます。

ビルなどにテナントとして入っている店舗の多くは、行政からの営業自粛要請もあり、収益が落ちているといわれています。経営状態は、飲食店に限らず、好調というわけではありません。

そんな状況のなか、借主であるテナント入居事業者は家賃減免措置を求め始めています。さらに家賃の支払いが厳しくなり、テナント企業が撤退する事態も起きています。

家賃減免や空室の増加は賃貸需要の低下につながる恐れがあります。これらも不動産業界にとって楽観視できない、新型コロナウイルスの影響といえます。

将来性の見込まれる物件

不動産業界の現状が厳しいなか、今後、将来性が見込まれるのは部屋の広い物件です。物件探しのニーズを見ると、インターネット回線に速さを求める声も高まっています。

部屋は広いほうがよい

これからの物件探しで、需要が増えると見込まれているポイントは部屋の広さです。

新型コロナウイルスが流行するまでは、自宅から職場に勤務するスタイルが一般的でした。混雑した電車やバスでの通勤は大変なため、駅近や都心にある部屋が高い人気を誇りました。

いまは、職種や業務内容にもよりますが、多くの企業でテレワークが導入されています。職場に出勤するとしても、できるだけ混雑を避けるため、時差出勤が増える傾向です。

在宅勤務を中心とする生活では、通勤ラッシュの苦労が減りました。その代わり、多くの方は自宅に少しでも気分よく働ける環境を求め始めています。

なかでも部屋の広さは、評価が高まっています。部屋が広ければ室内スペースを用途に応じて使い分けられます。職場と異なり誘惑の多い自宅でも、仕事とプライベートを区別しやすくなるためです。

あまり通勤時間を考慮する必要がなくなったため、郊外の一戸建ても人気を集めています。とくに評価されている点は、部屋の多さや周りの騒音が気になりにくいところです。

今後は、これまで大して目を向けられなかった物件も価値が高まる可能性を秘めていると考えられます。

インターネットはスピード重視

いま、職場や学校でオンラインを活用する場面が増えており、物件探しではインターネットのスピードが重視されています。

近年は通信環境が整備され、賃貸物件も最初からインターネットを使える部屋が一般的になりました。最近までの状況を見ると、物件の評価を大きく左右していた要素は、インターネット利用料が無料かどうかです。

今後は、ネット環境について高く評価される要素が変わるかもしれないとの声が聞かれます。とくに多くの人気を集めると予想されているポイントは、接続スピードの速さです。

現在、職場のテレビ会議や学校のオンライン授業ではインターネットに接続するスピードの遅さが問題視され始めています。職場では、仕事に差し支えるとの指摘も少なくありません。

そんな状況もあり、最近の物件探しではインターネットのスピード確認が欠かせなくなりつつあります。将来的には、利用料より優先される可能性もあります。

これから物件紹介する際には、さまざまなニーズの変化を考慮したほうが売り上げにつながるかもしれません。

お問い合わせが増えたら電話代行を活用

いまは新型コロナウイルスの流行を楽観視できない状況ですが、今後は物件に対するニーズの変化に合わせて営業すれば、お問い合わせが増える可能性は高いと考えられています。着信の増加で電話対応が追いつかない時などは、電話代行の活用がおすすめです。

在宅勤務や人手の少ない事務所では電話対応が難しい

在宅勤務や人手の少ない事務所の場合、スムーズな電話対応は難しくなると考えられます。

自宅で電話対応する際、家庭にある電話を仕事でも使うと、家族から好きな時に電話をかけられないと嫌がられるかもしれません。反対に、家族が電話している時には、仕事の電話がつながりにくくなり不便です。

仕事とプライベートの電話を区別するとしても、同時に着信があると会話は聞き取りにくくなるでしょう。きちんと話が聞こえなければ、トラブルにつながる恐れがあります。

事務所で電話対応する場合も、在宅勤務が中心なら多くの人手を望めません。お客様からのお問い合わせが増えた際、人手不足の事務所に着信が殺到すれば、取りこぼす恐れがあります。

これらの問題をふまえると、今後、スムーズに電話対応するには何かしらの対策が不可欠と考えられます。

電話代行ならスムーズな電話対応を実現

新型コロナウイルスの影響でこれまで通りに電話対応できない場合、電話代行があればスムーズな対応を実現できます。

電話代行は電話対応を専門とする職種であり、コールがあれば速やかに着信を受けます。通常、オペレーターは電話がかかってくるまで待機しているので、お問い合わせが増えても取りこぼす心配はありません。

多くのオペレーターは職場で正しい言葉遣いを教わり、常に親切丁寧な受け答えを心がけています。在宅勤務では仕事と私用の電話で言葉遣いが混乱する恐れもありますが、電話代行ならそんなリスクと無縁です。

人手の少ない事務所での着信の取りこぼしや、在宅勤務での言葉遣いのミスを避けたい時には、電話代行の活用をおすすめします。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ