東京での起業に失敗しないための電話代行活用術

2020.07.10電話代行
Pocket

東京は、ビジネスチャンスにあふれるエリアといわれていますが、その分、同業他社との競争が激しくなる特徴をもっています。起業時には何かと出費があり、多くの手続きに時間を取られるため、開業前後のコスト負担も軽くありません。東京で起業者が負担を軽減するには、初期費用を抑えられ本業に専念しやすい電話代行の活用がおすすめです。そこで今回は、東京で起業する難しさをふまえつつ電話代行がもたらすメリットをご紹介します。

東京

 

東京で起業する難しさ

東京で独立開業する際、多くの起業家を悩ませる問題が初期費用で必要になるコストの高さです。都内にはさまざまな分野の企業が集中しており、同業他社との競争の激しさも円滑な事業運営を難しくします。

 

コストが高い

東京は、全国的に見てもコストが高い傾向にある地域です。とりわけ家賃は、コスト面で負担の重くなる項目として知られています。

独立に伴い事務所をかまえるとなれば、物件探しから始めるのが一般的と考えられます。東京では日中にたくさんの方々が働いているためビジネスチャンスに恵まれるといわれますが、できれば都心の主要駅からアクセスしやすい場所を選びたいところでしょう。

駅近の物件は、同じ都内でも郊外より家賃が高くなります。とくに開業時で十分な運営資金を用意できていない場合、好条件の物件を賃貸するとなれば負担は軽くありません。そのため、東京での起業を検討している方は、たいてい資金繰りの難しさに悩まされるといわれています。

 

同業他社との競争が激しい

東京は、居住者や労働者とともに企業数の多さでも広く知られる地域です。それぞれの企業が扱っているジャンルは多岐にわたり、ほとんどの場合に同業他社との激しい競争は避けられません。

通常、開業して間もないうちは知名度が低く、顧客からの信頼を十分に得られていないケースが多く見られます。事務所経営を軌道に乗せるには少しでも仕事を獲得し、信頼向上につなげる必要があると考えられます。

都内は、長年にわたり業務してきた老舗ばかりでなく新規企業も次々に参入している状況です。近年、東京は日本経済の中心地として海外からも注目され、外資系の参入企業も増えています。

そこで起業するとなれば、仕事の獲得をめぐり数多くの同業他社と競争することは必至でしょう。東京で開業しようと考えている起業家からは、その競争の激しさも大きな悩みの種との声がよく聞かれます。

 

電話代行のメリット1:経費節減

東京で起業する方にとって電話代行を活用する主なメリットは、必要経費の節減を見込める点です。

 

事務員採用や人材育成のコスト軽減

電話窓口は、企業とお客様との接点として非常に重要です。まだ開業したばかりで知名度が十分でないうちは、とくに顧客対応を怠れないと考えられます。電話による受付体制を整備するため、一般的には事務員の採用が急がれるでしょう。

誰かを新規採用する場合、まず着手しなければならない作業が募集広告の準備です。チラシやネット広告を作成する際には、多少なりとも費用がかかります。応募があれば、面接にも時間や労力的なコストが発生します。

電話代行は、基本的に依頼を受けた業者側で人員を手配するシステムです。サービスを活用すれば、自分で募集広告を作成したうえ応募者と面接する手間はかかりません。一般的にオペレーターは研修を受けているため、採用後の人材育成も省けます。

事務員を採用すると電話がなくても終日にわたり人件費が発生しますが、電話代行は必要な時間帯だけ申し込めるパターンが主流です。その意味でも、このサービスの活用はコスト軽減に大きく貢献できると考えられます。

 

バーチャルオフィスなら事務所も不要

起業時の初期費用や運営費の資金繰りが厳しい場合、好条件の部屋が見つかっても維持・管理は大きな負担になるでしょう。東京ならでは家賃の高さに加え、毎月の水道代や光熱費も経費を圧迫する可能性があります。

そんなケースで活用したいサービスが、多くの電話代行業者が設けているバーチャルオフィスです。このサービスなら、都内に実際の事務所をかまえなくても必要最低限の事務的な機能を手に入れられます。

バーチャルオフィスが提供する代表的なサービス内容は、電話番号の貸し出しです。固定電話の番号をレンタルすれば、自分で電話回線を引く必要はありません。電話番号を新規契約する面倒もなく、大幅なコスト削減を期待できます。

 

電話代行のメリット2:本業に専念しやすい

電話代行に顧客対応を任せた場合、多くの仕事に追われても本業に専念しやすいメリットがあります。

 

起業時の業務内容は多種多様

起業した時、手がける必要のある業務内容は多種多様です。実際に事務所経営を始める前には多くの申請手続きが欠かせず、事務所を開いた後は顧客を確保するため営業活動に尽力しなければなりません。

事務所の知名度アップや顧客の増加を図るなら、電話での受付対応も大切です。連絡してきたお客様から信頼を獲得するには、どんなお問い合わせにも適切に受け答えることが望まれます。

コスト面に余裕がなく人手が足りなければ、大半の業務を自分自身で抱えることになるかもしれません。そんな時には、電話対応を外部業者に任せられるだけでも負担の軽減を見込めます。

 

外出時も着信を取りこぼさない

事務所の設立後、業種によっては顧客確保や取引先との打ち合わせで外出する機会が増えるでしょう。その際によく懸念される問題が、着信の取りこぼしです。

事務所には間違い電話や営業電話もかかってきますが、仕事についてのお問い合わせや依頼案件が中心を占めると考えられます。人手が少ないなか事務所を留守にすると、重要な着信の取りこぼしを招きやすくなります。

電話代行であれば常にオペレーターが電話機の前で待機しているため、着信の取りこぼし回避に効果的です。お客様や取引先から連絡があった時、いつでも速やかに対応できれば安心して外出できます。

電話代行の活用により、受付窓口の体制整備は容易になるでしょう。気兼ねなく本業に打ち込めるとなれば効率的に作業を進められ、生産性の向上にも有効と考えられます。

 

電話代行のメリット3:信頼獲得につながる

電話代行は、お客様や取引先からの信頼獲得にもつながるサービスです。丁寧・親切な電話対応で、東京での知名度が乏しい新規事務所の信頼性向上に大きく貢献できます。

 

丁寧・親切な電話対応

電話代行が提供するサービスにおいて、丁寧・親切な電話対応は基本です。ほとんどの職場でオペレーターは、新人研修や日頃の指導によりひと通りのビジネスマナーやビジネス電話にふさわしい言葉遣いを習得します。

普段、いろいろな仕事に追われていると、時間的にも精神的にも余裕がなくなることは珍しくありません。起業したばかりで慌ただしいと、電話での口調も荒くなるケースが増えるでしょう。これでは、大事な新規顧客によくない印象を与える可能性が高まります。

電話代行の場合、中心業務は電話を通しての顧客対応です。業務が終日に及んでも、オペレーターの電話のマナーや言葉遣いが粗雑になる心配はありません。いつでも丁寧・親切な電話対応を心がけ、好感度アップに努めます。

 

電話代行サービス(株)なら心情理解を重視

電話代行サービス(株)は、基本的なビジネスマナーや言葉遣いとともにお客様の心情理解も重視する方針です。弊社のオペレーターは、常に思いやりの気持ちを忘れず現場の業務に臨みます。

ビジネスで丁寧・親切な電話対応は不可欠ですが、マニュアルだけに頼った回答は機械的で冷たいと感じられることがあります。

 

弊社サービスは、オペレーターがお客様の話にしっかり耳を傾けるスタイルです。どんな情報が求められているか理解したうえで、的確に返事をします。電話対応で信頼を獲得するために高品質の業務をご希望なら、いつでもお客様の心情に寄り添う弊社サービスの利用をご検討下さい。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ