東京で法律事務所を開くなら電話代行がおすすめ

2020.04.03電話代行
Pocket

日本で、もっとも弁護士の数が多いのは東京都です。法律事務所や弁護士法人も、東京に集まっています。この状況は、都内に弁護士を必要とする仕事が多いことを示していると考えられます。ただし人数の少ない事務所などは、依頼の電話が多いと人手が足りず出られないかもしれません。東京で法律事務所を円滑に運営するなら、電話代行がおすすめです。そこで今回は、都内で法律事務所を開く時に電話代行を利用するメリットをご紹介します。

東京

 

東京都に法律事務所をかまえる利点

東京都に法律事務所をかまえる主な利点は、仕事の多さです。弁護士だけでなく法律事務所や弁護士法人も集中しており、仕事が豊富にあることを裏付けています。

 

東京都には弁護士や法律事務所が集中

東京都では、23区を中心に数多くのエリアでオフィス街が展開しています。

どのエリアでも、ほとんどの企業は法律と無縁ではありません。組織を適切に運営するうえで、法律知識の理解は大切です。最近は、雇用をめぐるトラブルを防ぐためにも法律の重要性が増しています。

ただ誰もが法律に詳しいわけでなく、多くの企業では専門家のサポートが不可欠です。都内の企業数は膨大であり、それだけ弁護士や法律事務所への需要は高くなっていると考えられます。

 

東京都は個人の集客も多く見込める

東京都は、労働人口も企業数に負けていません。毎朝、都内各地や近郊エリアから大勢の方が通勤しています。朝の通勤ラッシュを見れば、どれだけ多くの労働者が都内で働いているか想像に難くありません。

法律問題は、企業だけでなく個人とも深く関わってきます。仕事関係からプライベート方面まで、法律がらみのトラブルは多種多様です。職場に限っても、いじめやパワハラ、雇用条件をめぐる問題が見られます。

通常、個人がトラブルに見舞われた時、問題解決のため組織を動かすのは簡単でなく専門家の手助けが必要になります。東京都にはたくさんの労働者が存在することからも、弁護士や法律事務所のサポートが求められる場面は少なくありません。

 

都内の事務所はアクセスしやすい

都内の法律事務所は、相談者や依頼者にとって比較的アクセスしやすい利点も持っています。

時間をかけて都心の職場まで通勤している方は、定時に退社しても帰宅時間は遅くなりがちです。近所の法律事務所が平日の昼間に営業している場合、自宅に戻ってからでは事務所の営業時間に間に合わないかもしれません。

東京都は交通網が整備されており、都内の事務所なら職場からでも大した手間なくアクセスできます。昼休みを使って、あるいは退社後でも急げば事務所が開いているうちに足を運べるでしょう。

東京都に法律事務所をかまえると、アクセスしやすい意味でも多くの依頼が舞い込むと期待できます。

 

 

東京都で事務所経営する場合の問題点

東京都で法律事務所を経営する場合、よく悩まされるのが費用の問題です。予算が厳しいうちは、運営体制を整えるのが難しくなります。

 

独立開業・運営には費用がかかる

弁護士として独立開業するには、何かと費用がかかります。東京で事務所運営する場合、とくに負担となるのが家賃です。

都内の家賃相場、他の地域に比べると高くなる傾向にあります。23区内を始め人気エリアは、とりわけ賃料が高額の設定です。大きなオフィス街で営業したいと思っても、資金面に余裕がないと簡単には実現できません。

確かに安い物件は見つかりますが、立地条件には注意が必要です。駅から距離がありアクセスしにくい、周辺環境がビジネス向きではないといった理由から家賃が安くなっているケースは少なからず見られます。

必要経費は家賃ばかりでなく、水道代、光熱費や通信費も発生します。事務所経営に適した条件の物件を借りるなら、それ相応に費用はかかると考えておくほうが無難です。

 

開業時に人手が少ないと電話対応が困難

開業時、厳しい資金繰りのなかで悩みの種となる問題が人手不足です。予算的に従業員を補充する余裕がないと、電話があっても手が足りず出られないといった事態が生じます。

通常、事務所を開業したばかりの時点では、まだ十分な顧客を確保できていないと考えられます。潜在的な顧客を新規開拓するには、電話での営業活動が重要です。ビジネスチャンスを逃さないためにも、受付窓口の体制整備が望まれます。

とはいえ事務所が人手不足になっていると、しっかり電話対応するのは困難です。せっかく着信があっても、取りこぼしは増えるでしょう。忙しいなか電話を受けると、ストレスにより口調が荒くなる恐れがあります

電話がつながりにくい、あるいは対応が丁寧でないとなれば事務所のイメージは悪化するかもしれません。

 

電話対応を怠ると集客や信頼感に影響

電話対応を怠ると、会社のイメージばかりでなく実際の集客や信頼感にも影響する可能性があります。

電話の取りこぼしは、ビジネスチャンスの喪失につながります。法律相談したい方から電話があった時、対応が間に合わなければ改めて連絡してくる保証はありません。取りこぼしが続けば、顧客が増えなくても仕方ないでしょう。

電話対応の態度に問題があると、信頼感を損ねる場合があります。どれだけ多忙でもマナーや言葉遣いが良くないと、理由に関係なく電話の相手から不快に思われるためです。失礼な接客応対も事務所にとってプラスには働きません。

電話対応の不備により顧客獲得のチャンスや信頼を損なえば、事務所の収益を上げるのは難しくなると考えられます。

 

 

電話代行を利用するメリット

事務所の人手不足にからむリスクを考慮した場合、電話代行はさまざまなメリットをもたらすと期待できます。

 

着信の取りこぼしを減らせる

電話代行の利用により、まず見込まれる成果は取りこぼしの減少です。受付時間中はいつでも担当オペレーターが電話に出るため、対応が間に合わなくなる心配はありません。

電話代行は、電話口での顧客対応が中心業務です。業務中は、電話がかかってこなくても基本的に席を外しません。電話機の前で待機し、着信があればすぐ受話器を手にするので取りこぼしを防げます。

実際のところ、応答率は業者によって同じではありません。小規模な業者は、適度な人員を用意できず取りこぼしも増える傾向が見られます。大手の場合、多めの人員配置により余計にコストがかかるとのことです。

弊社のサービスは、平均98%以上の応答率を維持しています。過不足のない人員配置により、貴重なビジネスチャンスを逃しません。

 

親切丁寧な顧客対応を実現できる

電話代行を活用すると、親切丁寧な顧客対応を実現できます。オペレーターの礼節をわきまえた業務姿勢は、会社のイメージアップにつながるでしょう。

多くの代行業者では、新しく人員を採用した時に研修を実施します。入社したオペレーターは、新人研修を通じて基本的なビジネスマナーや正しい敬語の使い方を学びます。未経験者も基礎知識をひと通り教わってから実務に臨むのが、一般的なスタイルです。

弊社の場合、基本マナーや言葉遣いとともにコミュニケーション能力の育成にも力を入れています。お客様の気持ちを考えながら対応するには、円滑なコミュニケーションが大切と考えるためです。

コミュニケーションを深めた思いやりのある電話対応は多くのお客様に喜ばれ、顧客満足度の向上に貢献しています。

 

開業時の負担軽減にも効果的

電話代行は、従業員の採用と異なり事務所による人材募集や新人教育も不要です。広告費や指導にかかる手間が発生せず、事務所の負担軽減にも効果を発揮します。

従業員を募集する際には広告作成が必要であり、多少なりとも出費が伴います。法律事務所の電話対応では、法律用語が使われることも珍しくありません。新人教育では専門的な指導も求められ、簡単には済まなくなります。

電話代行を申し込んだ場合、人員の手配は代行業者の担当です。事務所は、募集広告の作成にかかる経費を節約できます。専門性に関しては、電話代行により差が見られます。弊社のオペレーターは研修などを通じて法律関係の用語理解に努めているため、対応の品質も問題ありません。

 

費用や人材育成の負担軽減を考えるなら、弊社を含め法律分野にも精通した電話代行の利用をおすすめします。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ