電話代行選びの落とし穴。こんな業者には注意!

2020.03.13電話代行
Pocket

数多く存在している電話代行業者。業者選びで迷っているときに「業界最安値」「プロが応対」といったキャッチーな売り文句を目にすると、それだけを理由に即決してしまいたくなることもあるのではないでしょうか。しかし、電話代行業者を選ぶ際に、いくつかのポイントに注意しておかなければ思わぬ落とし穴にはまってしまう可能性もあります。以下で代表的な例をご紹介しますので、電話代行選びを考えている方はぜひ参考にしてみてください。

オペレーター

何でもお任せには注意!

一口に電話代行と言っても、予約受付からクレーム対応、電話営業まで、その業務内容は多岐にわたります。多くの電話代行業者は「電話に関する業務ならどんなことでもお任せください」とうたっていますが、実際には業者によって得意・不得意としている業務があるケースも多いものです。そのため、電話代行選びをする際には、利用目的に合わせて業者を選ぶことが重要になります。たとえば、自社のサービスを広めたいときにインバウンドのコールセンター代行をメインに行っている業者を選んでしまうと、社内に電話営業のためのノウハウが蓄積されていない可能性もあるため、思ったような成果が得られない恐れもあります。

事前に問い合わせをして、自社のニーズを満たしてくれる業者なのかどうかを確認しておくといいでしょう。

業界最安値には注意!

サービスの内容だけでなく、その価格も業者選びの際に気になるポイントです。ホームページなどに「業界最安値」という文言が並んでいると、つい飛びつきたくなってしまうものです。しかし、安いものにはそれだけの理由があることが少なくありません。他と比較して極端に安価な業者は、オペレーターの数や質に問題がある可能性が考えられるため注意が必要です。「業界最安値」を実現するために人件費をできるかぎり削っている可能性もあります。オペレーターが少ないために電話を掛けても話し中になることが多い業者や、中には在宅のオペレーターを採用している業者も存在します。電話を掛けてくる人にとっては、電話応対から受けた印象がそのまま会社の印象にもつながります。

価格だけを見て業者選びをすると、信用を損なってしまうことになるかもしれません。

信頼できるのはこんな電話代行!

オペレーター

ここまでは注意しておきたい電話代行業者の特徴をご紹介してきました。それでは逆に、どんな業者であれば信頼できると言えるのでしょうか?

まず確認しておきたいのは、実際に電話で問い合わせをしたときの応対の質です。その際のオペレーターと実際に代行を担当するオペレーターは異なりますが、会社としてどのような研修を行っているかは推測できるでしょう。もう一点、プランの内容や料金が明瞭かどうかも重要なポイントです。

誠実さ・顧客に対する姿勢がわかるのはもちろんですが、良質なサービスを提供しているからこそ、曖昧にすることなく情報をすべて明記していると考えることができます。

おわりに

オペレーター

電話代行選びの際の注意点をいくつかご紹介しましたが、すべてに共通しているのは「業者が打ち出している売り文句をそのまま受け取るのは危険という点です。自社のニーズや予算にあわせて比較・検討し、導入後に後悔することのないような業者選びを実現してください。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ