東京都の市外局番を使用!全国電話番号 貸出サービス

2020.02.21業界関連情報
Pocket

固定電話は、携帯電話より信頼性が高いといわれています。会社によっては、取引先やお客様からの信頼獲得のため東京都内の市外局番が必要になる場合もあるでしょう。費用をかけずに電話番号を取得したい時には、電話番号の貸出サービスを検討するのがおすすめです。そこで今回は固定電話の信頼性が高い状況をふまえ、貸出サービスをおすすめする理由や弊社の『全国電話番号 貸出サービス』のメリットをご紹介します。

東京タワー

 

固定電話の番号は信頼性が高い

固定電話の番号は、携帯電話やIP電話の番号に比べた場合に信頼性の高さが大きな特徴です。起業時などには、名刺やホームページに掲載するのに適しています。

 

なぜ固定電話の番号は信頼されるか

ビジネスシーンにおいて固定電話の番号が信頼される主な理由は、会社の受付をイメージしやすい点です。

かつては、公私を問わず固定電話はメインの通信手段でした。ほとんどの企業では、ネット環境が整った現在でも固定電話の番号を会社の代表窓口に使用しています。その影響もあるためか、固定電話の番号には会社を思い起こさせる傾向があります。あくまでイメージの問題ですが、仕事での信用に深く関わる意味では見逃せない点です。

解約しにくいところも、固定電話の信頼性を高める要因として挙げられます。回線契約には加入手続きや工事が必要であり、通常、すぐに番号が変わることはありません。固定電話の番号はいつでもつながる安心感があることからも、仕事上の信頼獲得に役立っています。

 

携帯電話は仕事関係の信頼性に劣る

携帯電話はいまでは固定電話を上回るほどの高い普及率を誇りますが、仕事関係の信頼度では劣っています。携帯電話にはプライベート用のイメージが強いのが主な原因です。

職場では社員が個々の連絡用に携帯電話を持っているケースが多く見られます。場合によっては、自分個人の携帯端末を仕事でも使っています。大企業も中小企業も携帯電話をメインの窓口に設定しているところは非常に少なく、携帯番号は個人を連想させるとの声が多いようです。

携帯電話の契約や解約は、固定電話ほど手間がかかりません。電話番号も、契約してから数日のうちに変更されることがあります。すぐ使われなくなるのでは、仕事の連絡先としては用をなしません。携帯番号はすぐに連絡を取れなくなるケースもあるため、不安視されることが少なくないのです。

 

信頼感の違いは会社の評価に反映

固定電話と携帯電話のイメージから生じる信頼感の違いは、さまざまな場面で自ずと会社の評価に反映されます。

よく聞かれるのは、固定電話がないと会社として見なされない場合があるとの指摘です。とくに大企業は取引先に関する基準を厳しく設定しているところがあり、多くの場合、取引相手は固定電話の番号をもっていることが求められます。携帯電話しかないと会社と認識されず、なかなか取引に応じてもらえません。

固定電話の有無は、お客様からの評価も左右します。実際、携帯番号だけでは「会社なのに携帯電話番号しかもってないの?」と不安の声が出ています。取引先だけでなく顧客の信頼を得るためにも、固定電話の番号取得は重要です。

 

 

おすすめは電話番号の貸出サービス

起業時など予算に余裕がない場合、固定電話の番号を取得するなら電話番号の貸出サービスを利用する方法がおすすめです。

 

電話会社との契約はコスト高

会社に固定電話を設置する場合、一般的には電話会社と通信回線の利用契約を結び電話番号を取得します。

この時に問題となるのが、導入時のコストの高さです。加入権だけでも2~3万円は必要になり、契約手数料や電話機の代金も含めるとトータルで10万円程度になるといわれています。開業資金が十分でなく初期費用を少しでも抑えたいと考えている時、この出費は大きな負担になるでしょう。

電話回線を引くまでには、多少の時間もかかります。契約手続きを済ませた後には回線工事が必要になり、貴重な業務時間が取られます。時間的な意味でも、固定電話の設置は手軽な作業とはいえません。

 

貸出サービスで負担軽減

費用や時間的な負担を抑えつつ固定電話の番号を取得するには、電話番号の貸出サービスを活用するのが効果的です。

このサービスに申し込むと、固定電話やフリーダイヤルの番号を借りられます。レンタルするだけのため、加入契約した場合に比べれば出費を抑えられます。固定電話を設置する必要もなく、電話機の代金や回線工事費も発生しません。携帯電話をもっていれば、レンタルした番号に着信があった時に転送してもらえます。

たいてい、サービスの利用開始までも多くの時間はかかりません。早ければ、レンタルする番号が即日発行されます。貴重な業務時間を無駄にしなくて済むところも、このサービスの大きなメリットです。

 

東京都の番号なら市外局番は「03」

電話番号の貸出サービスで東京都の番号を取得したいと考えるなら、おすすめの市外局番は「03」です。

同じ東京都内でも、市外局番によってイメージに差があります。03は東京23区で使われる番号であり、名刺やホームページに掲載すれば都心部で活動している会社と理解してもらえます。

都心から離れた住宅街の市外局番は、あまりオフィス街と結びつきません。固定電話の番号であっても、仕事関係では自宅で個人的に経営する業務スタイルが連想される傾向にあります。

現状では、小規模な個人経営よりオフィス街に拠点をもつ会社のほうが信頼を得やすいと考えられます。取引先やお客様に好印象を与えるなら、東京都の番号は「03」をレンタルするのが得策といえるでしょう。

 

 

『全国電話番号 貸出サービス』のメリット

『全国電話番号 貸出サービス』は、経費節約をはじめとして多くのメリットをもたらすと期待できます。

 

少ない出費で信頼獲得

『全国電話番号 貸出サービス』は、弊社で用意している全国各地の市外局番、フリーダイヤル(0120)やIP電話(050)をリーズナブルな料金設定でお貸しいたします。

東京都の場合、とくに信頼性の高い03以外に都内の主要地域で使われている042や0422がレンタル可能です。レンタルした番号は、名刺やホームページに掲載しても問題ありません。都内で起業予定あるいは新たな事業展開を計画中であれば、固定電話の番号を入手することでいち早く営業活動を始められます。

東京都内でも23区や主要地域の市外局番なら、安心して仕事を頼める会社として認められる可能性は高いでしょう。実際に事務所をかまえる前からでも、取引先やお客様と仕事の話をスムーズに進められると期待できます。

 

着信の受付対応も可能

このサービスでは、レンタルした番号にかかってきた電話を自動転送するだけでなく弊社のオペレーターによる受付対応も承っています。

事務所を立ち上げる時に限らず、多くの仕事に追われていると電話対応が間に合わなくなるかもしれません。弊社に電話対応をお任せ下されば、貴社には時間的な余裕が生まれます。本来の業務に専念しやすくなり、仕事の効率化を図れます。

オペレーターの対応姿勢は、親切丁寧が基本です。いつでも思いやりの気持ちをもち、どんな用件の電話でもしっかり耳を傾けます。お問い合わせからクレームまで常に心情理解に努めますので、大切な取引先やお客様に喜んでいただけるでしょう。

 

個人情報の保護にも有効

レンタルした番号は、業務専用に使う方法もあります。私用の番号と使い分ければ、個人情報を名刺やホームページに掲載する必要はありません。

まだ起業したばかりで事務所に固定電話がない時など、個人の携帯電話を仕事で兼用することがあります。業務用の番号を借りておけば、取引先やお客様から連絡先を聞かれても私用の番号を教えなくて済みます。

 

『全国電話番号 貸出サービス』は、個人情報の保護にも効果を発揮します。このサービスを有効活用し、信頼獲得、経費・時間の節約、さらに個人情報の安全管理にも役立てて下さい。

 

参考サイト:

https://www.k-society.com/know_how/entrepreneurship%E2%80%90tel/

https://ofnavi.com/starting_business/phone

https://03plus.net/ip/columun/column_11.html

https://www.freee.co.jp/kb/kb-launch/050-03-phone/

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

最新記事 by 電話代行サービス株式会社広報部 (全て見る)

お問い合わせ