電話代行と転送サービスの違い電話代行のメリット

2020.01.24電話代行
Pocket

会社にかかってきた電話に出られないということありますよね。その1本の電話が大きなビジネスにつながるかも知れません。既存顧客のフォローや新規顧客からの問い合わせなど、かかってきた電話にすぐさま対応できなければ、クライアントからの信用喪失にもつながります。

スタッフの育成コスト軽減や会社に不在が多い場合など、電話対応に不安があれば、電話代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。今回はサービスを利用するにあたって、3つのメリットと電話転送サービスとの違いをご紹介します。

電話代行と転送サービスの違い

電話代行サービスと電話転送サービスの違い

電話代行サービスは自社に代わって電話対応をしてくれるサービスです。留守、外出、営業時間外など電話に出られない際に専門オペレーターがつないでくれるものです。留守番電話だと早急な対応ができなかったり重要な要件であるのに流れてしまったりする恐れがあります。電話代行サービスはそういったことを防ぐために自社内で対応してくれているかのように、専門オペレーターが対応します。

電話転送サービスは固定の電話番号にかかってきた電話を指定した電話番号へ自動的に転送するサービスです。コスト面では安くつくものの、対応となると自社スタッフがしなければなりません。

 

電話代行サービスのメリットその1 会社・事業のイメージアップにつながる

電話代行と転送サービスの違い

専門オペレーターによってクライアントからの電話が確実につながります。不在が多いなどのイメージダウンを防ぐことができます。訓練された電話のプロによる対応なので、質が高く、会社への信用につながります。お客様も自社の受付が対応しているかのように思われるでしょう。

また、オリジナルの電話番号の作成もでき、東京「03」や大阪「06」といった市外局番の取得が可能なため、固定電話番号を持っている企業として安心感につながりイメージアップとなります。

 

電話代行サービスのメリットその2 ビジネスチャンスを逃さない

電話が確実につながることによって、ビジネスチャンスを広げることができます。電話に出られなかったことで失ってしまう案件があるのです。問い合わせの電話1本1本に確実な対応ができれば会社への信用度は増していきます。まず、会社の印象を左右する電話対応を丁寧に行うことができれば、問い合わせに対しその後の行動として的確に対応することができます。

ビジネスチャンスを逃さないためにも電話対応の整った体制作りは重要だと考えます。

 

電話代行サービスのメリットその3 業務に集中できる

電話代行と転送サービスの違い

日々の電話対応の時間を、優先すべき業務へ集中させることができます。頻繁にかかってくる電話にその都度対応していれば、業務に集中することができません。かといって対応を疎かにすると新規クライアントからの電話であったり、重要な案件の話であったりします。いたずら電話や間違い電話、営業の電話に気を取られずに、必要な業務に時間を使うことができます。

限られた時間の有効活用ができ、仕事に集中できれば業務効率化にもつながります。

 

おわりに

上記のように電話代行サービスを利用するメリットは多くあります。電話は会社にとっては窓口でもあり、重要な位置であります。会社への不信感は電話から始まる場合がよくあります。

電話対応を意識することで会社への信用が増し、ビジネスチャンスが広がります。サービスを利用することで、業務効率化にもつながり、時間を有効活用することができます。人件費削減にもなり、雇用コストが抑えられます。

月額料金プランやオプションでのサービスなど利用方法は多岐にわたります。それぞれのニーズに合わせたプランがありますので、是非、この記事を参考に検討されてみてはいかがでしょうか。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

最新記事 by 電話代行サービス株式会社広報部 (全て見る)

お問い合わせ