レストラン運営者必見!電話代行導入のメリット

2020.01.13電話代行
Pocket

レストラン運営において電話代行を導入することは、大きなメリットがあります。予約の取りこぼしがなくなることに加え、営業に集中することができます。本記事ではそうしたメリットにスポットを当てつつ、レストラン運営において電話代行を導入した事例について紹介していきます。

電話代行 レストラン

 

レストラン運営で電話代行を導入するメリット

レストラン運営で、「電話対応に困っている」という運営者が多くいらっしゃいます。なぜなら、予約の電話に出られないと集客できず、売り上げが伸びない原因へとつながるからです。例えば、ランチタイムなどの忙しい時間帯にかかってきた電話は出られないことが多く、出られたとしても予約を取る際は、日時やメニューの確認に時間を要するので営業を一旦中止しなければならず、対応できないこともあるからです。

また、せかっくの予約であっても、休日などの営業時間外にかかってきた場合には対応できません。しかし、電話代行を導入していればそうした悩みも解決できます。電話対応のためにオペレーターが常駐してくれることで、たとえ忙しい時間や休日であっても、かかってきた全ての電話に対応してくれます。予約電話の取りこぼしが減ることは、レストラン運営において大きなメリットとなるでしょう。

 

レストラン運営で電話代行を導入すると売上が伸びる?

電話代行 レストラン

 

今まで対応できなかった電話に対応できることで、取りこぼしていた予約を取ることができます。お客様が来るかどうか分からない状況での営業とは違って、予約数がはっきりするため食材の無駄も少なくなるという点でもメリットがあります。また、電話代行を導入するもう1つのメリットに、営業に集中できるというメリットがあります。

お店にかかってくる電話には、営業や勧誘というケースもあります。そういった電話に営業中対応することは、集中力が奪われてしまい営業の質が落ちてしまう可能性があります。

しかし、電話代行を導入すればそもそも電話に出る必要がなく、電話が鳴るのを気にしなくてよくなるので、営業に集中することができます。こうしたことが積み重なり、売り上げがアップすることもあります。

 

レストラン運営に合った電話代行の特徴

レストラン運営に合った電話代行は、24時間365日の対応が可能な会社です。時間や曜日を設定することができる会社ならさらによいでしょう。こうした会社を選べば、休日の昼の時間帯だけなどと、オーダーメイド感覚で導入することができます。また、オペレーターの教育を行っている会社を選ぶことで、お客様に好印象を与えることができます。

電話対応は人が入れ替わることで質が変動しますが、教育されたオペレーターなら一定の品質を保つことができます。

 

レストラン運営者が電話代行を導入した事例

電話代行 レストラン

 

では、実際にレストラン運営者が電話代行を導入した活用事例を見てみましょう。

1.電話に出られない時間帯に導入

忙しい時間帯や仕込みなどで手が離せない時間帯に導入する事例です。
この導入方法は最も多い活用例といえます


2.予約受付

予約受付のみを行ってもらう活用事例です。
予約内容などを事前に打ち合わせしておき、予約を受付けたらその内容を報告してもらいます。

 

おわりに

レストラン運営において、電話はお客様との関係性を築く大切なツールです。電話代行を導入すれば、予約の取りこぼしがなくなり営業に集中することができます。そうすれば、売り上げアップにつながることがあります。電話代行はビジネスパートナーとして、レストラン運営の強い味方になってくれること間違いありません。ぜひ、電話代行を導入してみてください。

 

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ