個人事業主に電話代行の利用をすすめるポイント

2020.01.02電話代行
Pocket

電話代行 オペレーター

 

この記事では、具体例を交えて個人事業主の方が電話代行サービスの利用を考えるべきチェックポイントを4つご紹介します。率直に言うと、個人事業主の方に電話代行サービスはおすすめです。いくつかの理由がありますが、一番は業務過多になっている点です。個人事業主は、基本的に業務を1人で回す必要があり、雑務を含め多くの仕事があります。特に立ち上げ時期はやることが多くとても大変ですよね。

「自分が最もやるべきこと」「自分以外の人にはできないこと」に時間を割く為にも、それ以外の時間をいかに減らしていくかというのは売り上げに直結します。

そこで今回は、個人事業主に見られる陥りがちなリスクと、電話代行をおすすめする理由を紹介します。

クライアントとの電話がうまくいかない

最近、「取引先の企業を不機嫌にさせているな」「上手く用件を伝えられているのか不安だな」などと思うことはありませんか?

その時、個人事業主様本人は「○○さんは応対が悪くて苦手だ」「なんでそんな態度を取るのだろう」「理解力の問題では?」などと相手の問題に転嫁しがちですが、全部が全部そうとは限りません。特に、こうしたケースが度々続くようなら注意が必要。知らず知らずのうちに電話の応対に不足がある可能性があります。そうした時は、電話代行を考えましょう。忙しさにかまけて商機を逃しては元も子もありません。

オーバーワークになっている

個人事業主

個人事業主は、多くの仕事を遂行する必要があります。法人では、経理や営業、開発などそれぞれの部門で業務が分かれている一方、個人事業主はそうではありません。いわば1人企業のようなもの。

そこで電話代行です。電話を外注しただけで劇的に業務負担が軽減するのか疑問を抱かれる方も多いかもしれませんが、考えてみてください。新しいビジネスプランを練っている際に電話がかかってきた。

取引先企業との商談の際に電話がかかってきた。といったことはありませんか?

電話に気を取られていれば業務効率は下がり、目の前の仕事への集中力も落ちてしまうことでしょう。

 

折り返し連絡でクライアントに断られる

「着信履歴を確認し、折り返し連絡をしたら冷めた対応をされた」あるいは、「商談が進行中だった取引先に折り返し連絡をしたら商談が破談になった」という経験はありませんか。実はこれは結構ありがちなことです。人間は一番熱がこもった時に行動を起こします。しかし、熱が冷めれば、一気に行動意欲も冷めてしまいます。

上記の例でいえば、電話をかけてきた時こそ熱がこもっている時。そして折り返し連絡をして、ネガティブな対応をされた時は熱が冷めている時です。相手の行動意欲が高い時に連絡した方が、話は上手くいくに決まっていますよね。そういったチャンスを逃さないためにも電話代行を検討してみましょう。

 

IT化が進んで電話対応が盲点になっている

PC スマホ

IT化が進み、若者を中心にインターネットを中心とした取り引きが増えてきました。何かを購入するときはネットショッピングを利用したり、問い合わせをする際もメールやチャットを利用したりと、確実にオンライン経由の連絡が増えているでしょう。こうした経緯もあり、ついつい電話応対の必要性を軽視している面はありませんか?日本は高齢化社会です。若者よりも多くの高齢者がいます。そしてその高齢者の多くは、電話を中心としたコミュニケーションを主としています。電話応対を軽視するということは、こうした多数の高齢者の存在を逃しているということ。それはビジネスチャンスを逃すことに直結しているとも言えます。

 

おわりに

個人事業主の方が電話代行サービスを利用するメリットや必要な理由についてここまでのべさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。1人で全ての業務を行う個人事業主にとってアウトソーシングをうまく使うことは非常に重要です。是非、電話代行サービスを利用し業務をより効率的なものにしてみて下さい。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ