不動産専門 電話代行がどんな不動産業者にも対応

2019.12.24電話代行
Pocket

不動産業者とひとくちにいっても、いろいろな種類があります。業者によって、業務内容も対応する顧客もさまざまです。電話対応では、不動産業界ならではの幅広い要件を適切に処理しなければなりません。不動産専門 電話代行なら、お問い合わせ内容に関係なく的確に回答できます。そこで今回は不動産業界の仕事内容やどういった顧客に対応するかをご紹介し、不動産専門 電話代行を利用するメリットについてご説明します。

ヘッドセット

 

不動産業界の仕事は大まかに3種類

不動産業界の仕事は、大きく分けると「開発」「流通」「管理」の3種類です。

 

「開発」の仕事

開発の仕事とは、建物や土地の開発業務を指します。担当するのは、主にデベロッパーとハウスメーカーです。

デベロッパーは、大規模な不動産開発を中心に手がけます。街の再開発やリゾート・大型商業施設の開発などが代表例です。業務範囲は開発計画の作成から建物・施設の建築まで及びます。土地を購入後、行政の許認可を取得すると建設業者に発注します。

ハウスメーカーのメイン業務は戸建て住宅の取り扱いです。個人に住宅を売るのが最終的な目標であり、建築する住宅の企画だけでなく建物の設計および施工まで自分たちで進めます。デベロッパーと異なり開発計画の立案は中心的な仕事でなく、通常は建築業務を外部発注しません。

 

「流通」の仕事

流通の仕事は、宣伝・販売と仲介業務に分かれます。宣伝・販売を引き受けるのは住宅・マンション販売会社、仲介業務の担当は不動産仲介会社です。

住宅・マンション販売会社は、デベロッパーやハウスメーカーが建てた物件を販売するためさまざまな宣伝活動を展開します。メディア媒体やネット上に広告を掲載し、問い合わせがあれば案内します。住宅展示会を催し、訪問者に見学してもらう方法もよく知られた営業スタイルです。

不動産仲介会社は、不動産が売買・賃貸される際、物件オーナーと購入希望者や入居希望者を橋渡しします。賃貸業務の担い手は、主に仲介会社です。不動産売買は販売会社の仕事にも含まれますが、仲介会社は販売業務を完全に委託されません。そのため販売会社からの購入と違い、業者が物件取引を仲介した場合には売り主と買い手ともに手数料が発生します。

 

「管理」の仕事

管理の仕事は、オーナーが所有する不動産の運営管理や環境整備です。オーナー自身が引き受けることもありますが、多くの場合には不動産管理会社に委ねられます。

具体的な業務内容は、建物や設備のメンテナンス、施設全体の清掃、入居者対応、空室の集客と多岐にわたります。これらが業務のすべてではなく、ほかに面倒な作業も多数含まれています。オーナー自らが処理するには骨が折れるため、管理会社で代行しているケースが主流です。

 

 

どういった顧客に対応するか

不動産関連の会社には、開発・流通・管理のいずれの仕事でも、さまざまな立場の方から電話がかかってきます。

 

デベロッパーやハウスメーカーの場合

デベロッパーやハウスメーカーに舞い込む電話の多くは、開発業務や住宅建築の依頼者や実際に業務依頼した施工主からのお問い合わせです。

デベロッパーは依頼者がどんな開発構想をもっているか伺い、企画案を考えます。ハウスメーカーは依頼者が住まいに求めるニーズを聞き、具体的な設計プランを提案します。施工主との間で中心となる話題は、希望通りに作業が進んでいるかどうかです。何度となく打ち合わせを重ね、不都合があれば予定を変更します。

デベロッパーは事業計画にもとづき建設業者に指示を出すため、現場スタッフとの連絡も大切です。行政手続きを進める際には、関係各所からも職場に電話が入ります。

 

販売会社や仲介会社の場合

販売会社や仲介会社でメインになるのは、不動産オーナー、土地・建物の購入希望者、賃貸物件の入居希望者への対応です。

不動産オーナーからは、所有物件の販売や賃貸を頼まれます。販売会社はどんな条件で売りたいか確認し、広告や住宅展示により宣伝します。賃貸物件に関して仲介業者が果たす役目は、家賃・間取りの提示や入居者の募集です。

購入希望者や入居希望者から連絡が入ったら、どんな物件を探しているか詳しく聞き取ります。条件に見合う物件を候補として紹介し、話を進めたいと知らせがあれば売買交渉や入居手続きに移ります。

売買交渉の場合、契約成立のため売り主と買い手のいずれとも連絡を取り合い、双方の意見をうまく調整していくのも大切な顧客対応です。

 

管理会社の場合

管理会社には、賃貸物件の入居者やオーナーから連絡があります。特に、何らかのトラブルに見舞われた時に連絡が寄せられることが多く見られます。

賃貸物件では、個室や共有スペースの設備でさまざまなトラブルが発生します。原因は、入居者本人の不注意や設備の経年劣化などです。いずれの場合も、いつ問題が起きるか簡単には予測できません。設備トラブルは時間を選ばないため、夜間でも緊急対応が必要になるケースは見られます。

管理会社には営業時間外にも入居者などから連絡が入る可能性はあり、24時間365日体制での顧客対応を求められることは珍しくありません。

 

 

不動産専門 電話代行のメリット

不動産専門 電話代行には、不動産業界ならではのお問い合わせを幅広く処理できるメリットがあります。

 

業界用語に戸惑わない

不動産にまつわる電話で、よく問題になるのは業界用語です。デベロッパーから管理会社まで、顧客からのお問い合わせで専門用語の使用は避けられません。電話代行の利用を検討している会社様からは、オペレーターが専門用語の意味を理解できず聞き返すことはないか不安視する声も多く見られます。

不動産専門 電話代行のオペレーターは、不動産業界に精通しています。事前研修などにより専門知識を習得しているため、どんな用件の電話対応にも戸惑わず対応します。会話中に業界用語が出てきた時には意味を正しく理解し、的確に回答することが可能です。速やかに業務を進められるため顧客からの信頼を得やすく、貴社のイメージアップに貢献できます。

 

応答率は98%以上

不動産業界をはじめ、どの業種でも顧客の確保は不可欠です。例えば、デベロッパーが開発現場に足を運んで事務所を留守にするたびに依頼の電話を取りこぼしていたら、貴重なビジネスチャンスを逃してしまうでしょう。また、販売会社が営業回りに追われ売買交渉の連絡を怠れば、売り主や買い手からの信頼を損ねるかもしれません。電話の受付体制を整えておくと、どんな時も安心して事務所から離れられます。

弊社のサービスは、不動産専門 電話代行に限らず応答率の平均が98%以上です。電話がつながりやすいだけでなく、経験豊富で高いスキルをもったオペレーターが親切丁寧に対応する点もポイントです。現場仕事が多く電話になかなか出られなくても、不安なく業務に打ち込めます。

 

24時間365日の電話対応も問題なし

春や秋の引っ越しシーズンになると、多くの仲介会社にはお問い合わせが殺到し、対応が追いつきません。管理会社は、入居者が突然のトラブルに見舞われたら深夜・早朝でも早急に対処したいところでしょう。会社によっては、土日に来店者数が増えるため着信を受けられなくなる場合もあります。

これらの問題を解決に導けるのが、24時間365日対応のサービスです。繁忙期に人員を増やせるうえ、曜日や時間帯を問わず迅速に対応できます。より多くのお客様に物件を案内できれば、貴社の売上向上を見込めます。緊急時の入電にいち早く対応できる意味では、顧客に安心をもたらすサービスともいえるでしょう。

 

また、図面や入居申込書をお預かりしていれば、物件の資料請求があった際に送付いたします。サービス内容は充実していますが、適度な人員配置を行うため余計な人件費はかかりません。料金設定はリーズナブルです。コスト面について心配な方も、ぜひ不動産専門 電話代行をご検討下さい。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

最新記事 by 電話代行サービス株式会社広報部 (全て見る)

お問い合わせ