『求人受付専門 電話代行』の特長・メリット・利用ポイント

2019.11.07電話代行
Pocket

求人広告の展開数に対し面接予約数が少ない、採用人数が少ないといったお悩みはないでしょうか。その理由のひとつは、「応募の電話を受け切れていないこと」「応募の電話に対して適切な対応ができないこと」かもしれません。そうした企業様に利用していただきたいのが『求人受付専門 電話代行』のサービスです。こちらでは、本サービスの概要や特長、メリットなどについてお話しします。

採用担当者

 

『求人受付専門 電話代行』とは

『求人受付専門 電話代行』は当社が提供する、求人に関する問い合わせ対応を専門的に行うサービスです。

近年は、あらゆる業界で労働人口の減少が問題視されています。サービス業、介護紹介、建設業界、飲食業界では特にその傾向が顕著です。各企業は、必要な労働人口を確保するために労働条件の改善、採用基準の緩和などの対策に追われています。

一方で、採用に関する問い合わせ対応の不十分さから、人員を確保できていないケースも少なくありません。繁忙期、週末に応募の電話がかかってきたとしても、通常業務の忙しさから取りこぼししてしまうことがあります。採用担当者以外が電話に出た場合、適切な対応ができないことも考えられるでしょう。

こうした求人応募の電話対応に関する問題は、求人受付専門の電話窓口を設けることで解決できます。しかし、多くの企業にとって応募者からの電話に確実な対応ができる窓口を設けるのは簡単ではないでしょう。リソースを確保できないことや、営業時間の問題が代表的な理由です。

『求人受付専門 電話代行』を利用すれば、そうした求人受付の問題を解消できます。98%以上の応答率、スケジュール調整の案内などにより、面接予約数の増加が期待できます。ご利用いただいたお客様からは「結果的に優秀な人材の確保につながった」という声を多くいただいてまいりました。

 

求人受付専門 電話代行の利用で何が変わる?

『求人受付専門 電話代行』の利用で何が変わるのでしょうか? サービスの特長を踏まえてお話しします。

 

応募電話の取りこぼしが少なくなる

求人受付専門の電話窓口が設けられるため、応募電話の取りこぼしが少なくなります。複数の店舗が同時に求人広告を出し、応募が殺到する場合も対応可能です。

 

会社・店舗が稼働していない時間の受付が可能になる

応募者が求人広告に興味を持っていたとしても、受付時間とスケジュールが合わないことから応募をあきらめているケースが考えられます。『求人受付専門 電話代行』を利用すれば、会社・店舗が稼働していない時間の受付が可能です。受付時間を拡大すれば、それだけ多くの応募が期待できます。

 

受付業務が効率化されコア業務に集中できる

求人受付のための独立した窓口が設置されるため、企業・店舗側はコア業務に集中できます。採用活動・コア業務が互いに忙しくても、双方に悪影響はありません。

 

電話に出た人による対応内容の差がなくなる

募集要項の内容を把握している従業員以外が電話に出た場合、正確な案内ができないことや案内に時間がかかってしまうことがあります。『求人受付専門 電話代行』のオペレーターは募集内容に則した案内を行うため、対応に不備が生じることはありません。

 

採用業務の一元化が生むメリット

複数職種、複数店舗の求人受付はそれぞれの部署や店舗で担当するのが一般的です。しかし、この方法では各部署・店舗に負荷がかかるため、リソースを有効活用しているとはいえません。問い合わせのみの電話も多く、直接採用に結び付かない電話のために各部署・店舗の手間がかかってしまうこともあります。

『求人受付専門 電話代行』を利用すれば、複数店舗・複数職種の求人受付を「一元化」が可能です。応募者が希望する職種や店舗ごとに、適切な内容を案内します。各面接担当者とのスケジュール調整や面接場所への案内も実施します。

面接担当者には確認事項が聴取されスケジュール調整が行われた状態で応募情報が持ち込まれるため、採用活動の効率化が可能です。各部署・各店舗は面接にのみ集中できるため、採用が大幅にスムーズになります。選考や合否連絡もスピーディーになるため、採用者数の増加が期待できます。

 

人材不足の企業ほど有効活用できる

人材不足の企業では求人応募者の電話に対して確実に対応できる窓口を設置できず、さらに深刻な人材不足に陥ってしまう傾向があります。そもそもコア業務で忙殺されている場合、社内に求人応募の窓口を作るのは現実的ではありません。新しく受付窓口専用の人員を用意するとしても、人件費などのコスト問題が発生します。

こうした人材不足の企業ほど『求人受付専門 電話代行』のサービスを有効活用できるはずです。具体的には、飲食業界や人材派遣業界のお客様に数多くご利用いただき、ご好評の声を頂戴しております。

人材不足の場合、従業員一人ひとりのリソースが貴重です。『求人受付専門 電話代行』は比較的小規模な企業様にもご利用いただいております。人材不足から求人応募に対応できていない場合は、求人応募対応のアウトソーシングを検討してみてはいかがでしょうか。

 

求人受付専門 電話代行のトーク事例

『求人受付専門 電話代行』では面接へとスムーズに進めるため、応募者の情報を正確に聴取します。面接のスケジューリングや面接場所への案内も必要です。具体的なトーク事例をご紹介します。

 

オペレーター「お電話ありがとうございます。●●社でございます。」

A様「お忙しいところ恐れ入ります。営業職の求人広告の記事をみて電話したのですが、まだ応募可能でしょうか?」

オペレーター「お問い合わせありがとうございます。現在も引き続き募集中です。応募をご希望であればお名前をフルネームでお伺いしてよろしいでしょうか?」

A様「はい、〇〇と申します」

オペレーター「〇〇様、ですね。ありがとうございます。ご連絡先もお願いいたします」

A様「はい、電話番号は×××です。」

オペレーター「復唱させていただきます。×××ですね。ありがとうございます。早速ですが、面接日の調整をさせていただきます。最短のお日にちですと、△月△日△時になりますがご都合いかがでしょうか?」

A様「問題ありません。お願いします。」

オペレーター「ありがとうございます。当日は、証明写真付き履歴書をご持参下さい。面接は□□ビル3階応接室で行います。最寄り駅は●●駅です。詳しいアクセスについては当社ホームページに記載しておりますので事前にご確認下さい。もし道に迷われた際はご案内いたしますのではやめにご連絡下さい。私からのご案内は以上となりますが、何か、ご不明点はございますか?」

A様「いえ、大丈夫です。」

オペレーター「ご不明な点がありましたらまたお気軽にご連絡下さい。それでは、当日のご来場お待ちしております。失礼いたします。」

 

この様に応募者の名前や連絡先など基本的な情報は復唱確認を行います。職種や店舗ごとの面接担当者のスケジュールを共有しているため、迅速に面接のスケジューリングが可能です。履歴書持参の案内やアクセスに関する案内も必ず行われます。

 

求人広告を積極的に展開し、さらに応募者からの電話を取りこぼししなく対応できる様になれば採用の効率化が期待できます。一方で、企業側の受け付ける体制が整っていない場合、応募電話の増加に対応できないかもしれません。『求人受付専門 電話代行』はそうした問題へのソリューションです。人材不足が問題になっている企業様は、本サービスのご利用をご検討下さい。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ