『不動産専門 電話代行』は一般の電話代行と何が違う?

2019.11.06電話代行
Pocket

春や秋の引っ越しシーズンは、不動産事務所にお客様が殺到するため、電話を取りこぼしてしまうケースも少なくありません。また、現場での仕事が多く、なかなか電話を取れないという方もいらっしゃいます。そのほかの業務が忙しく電話応対が難しい場合には、電話代行を利用してみてはいかがでしょうか。お客様からの電話に代行スタッフが対応するため、クライアントはほかの業務に集中できます。不動産業者には業務に精通した不動産専門 電話代行が特におすすめです。こちらでは、不動産専門の電話代行と一般の電話代行の違いについてお伝えします。

不動産専門電話代行か一般の電話代行か

「不動産専門 電話代行」の特徴

不動産専門 電話代行とは、不動産業務に精通したオペレーターが対応を行う電話代行のことです。空き室状況や設備関係の案内をしたり、内見希望の仲介業者には内見方法を説明したりと、一般的な電話代行では行えない対応も行えます。不動産業者におすすめのサービスです。

電話代行サービス(株)の不動産専門 電話代行は、月額11,000円からの低価格でご利用できます。電話受付システムの継続的な改良による対応時間の短縮や、無駄のないシフトによる人件費削減によって低価格を実現しているため、価格が低くても対応の質が悪いということはありません。

サービスを利用する際の初期費用は、0円です。また、セールス電話や間違い電話、いたずら電話はコール数に入らず、料金も発生しません。受電内容は担当者に報告されるため、電話の内容を把握したうえで、納得して料金を支払えます。

また、チーム制を導入してフォロー体制を整えてあるのも、電話代行サービス(株)の特長です。6~10人で1チームになって業務を行っており、通話内容をチェックしたり、チーム責任者がオペレーターに研修を行ったりしてサービスの質を上げています。電話をかけてきた方に対して安定した対応を行ってくれるのが魅力です。

さらに、電話代行サービス(株)では、24時間365日電話対応を行っています。深夜や早朝に急なトラブルが起こった際も代行スタッフが対応してくれるため、お客様に安心感を与えられます。事務所の信頼性を上げたい場合は、ぜひ不動産専門 電話代行をご利用下さい。

 

一般的な電話代行との違い

不動産専門 電話代行と一般的な電話代行の大きな違いは、不動産業種に特化したサービスを行えるかどうかです。不動産専門 電話代行は、空き室状況を伝えたり、物件資料を送ったりと、一般の電話代行では行えない対応ができます。

大手コールセンター会社に依頼すれば、ある程度まで不動産業務に関する対応も行ってもらえますが、費用が高額になってしまいます。また、大手でも物件の資料送信まではできないコールセンターが多数です。

不動産業務に関する細かい対応ができないサービスでも、お客様からの電話に安定して出たり、緊急の連絡を転送したりするだけで事務所の信頼性は上がります。しかし、空き室の確認や資料請求のみを行いたいお客様を担当者が折り返すまで待たせてしまうと、顧客を逃すことにつながりかねません。お客様を逃さないためにも、ぜひ不動産専門 電話代行のご利用を検討してみて下さい。

 

一般的な電話代行と不動産専門 電話代行のトーク例

一般的な電話代行と、不動産専門 電話代行では、トークにどの様な違いがあるのでしょうか。それぞれのトーク例をご紹介します。

 

一般的な電話代行の場合

お客様「〇〇賃貸住宅の山本です。△△マンションの201号室はまだご案内可能ですか?」

オペレーター「申し訳ございません。只今担当の者が外出しておりますので、折り返しのお電話番号をお願いします」

お客様「はい、080-〇〇〇〇-〇〇〇〇です」

オペレーター「かしこまりました。では折り返しお電話を差し上げる様に担当の者に申し伝えておきます。本日はお問い合わせありがとうございました」

 

不動産専門 電話代行の場合

お客様「〇〇賃貸住宅の山本です。△△マンションの空き状況はどうなっていますか?」

オペレーター「△△マンションでしたら、現在1LDKタイプの201号室と、305号室が即入居可能で、2LDKタイプの603号室が来月末から空く予定になっております」

お客様「では、603号室の物件情報を送っていただけますか?」

オペレーター「かしこまりました。メールかFAXどちらがよろしいですか?」

お客様「FAXにお願いします。FAX番号は03-〇〇〇〇-〇〇〇〇です」

オペレーター「かしこまりました。03-〇〇〇〇-〇〇〇〇ですね。では、FAXをお送りします」

 

この様に、一般的な電話代行の場合、店舗名や担当者名、電話番号を聞いて折り返し対応をすることしかできません。対して、不動産専門 電話代行の場合は、空き室状況や賃料、内見方法といった案内に加え、物件資料の送付も可能です。お客様に迅速に対応できるのが魅力になっています。

 

不動産専門 電話代行を利用する際の流れ

不動産専門 電話代行に申し込む際は、貴社が取り扱う物件の最新情報の入力をお願いいたします。間取り・平米・賃料・管理費・敷金礼金・築年数といった様な項目を入力して下さい。項目は貴社のご希望に合わせてカスタマイズ可能です。

入力後は、貴社にかかってくる電話が弊社に転送される様に設定をお願いいたします。簡単な事前設定により電話が自動転送される様になるため、貴社は電話以外の業務に集中できます。ちなみに、電話をかけてきた方に転送を知らせるアナウンスが流れることはありません。お客様には不動産事務所の事務員と直接話している様に感じを与えることができます。

転送された電話には、不動産業に精通したオペレーターが出るため、電話をかけてきたお客様に対して柔軟な対応が可能です。応対方法は貴社と精密な打ち合わせをしたうえで決めるため、ブランドイメージを損なう心配もありません。

対応結果はメールで貴社に報告いたします。報告内容は、会社名・担当者氏名・連絡先・どの物件についての問い合わせか・案内の内容といったものです。本サービスをご利用になることで、直接電話応対をしなくても、お客様に対し柔軟な対応ができる様になります。

 

「不動産専門 電話代行」はこんな会社におすすめ

不動産専門 電話代行は、来店者が多かったり、現場での仕事が多かったりして、電話に出にくいという不動産業者におすすめです。ほかの業務が忙しくて電話を取りこぼしてしまうと、成約のチャンスを流すおそれがあります。しかし、電話代行を利用すれば、スタッフが忙しい時にオペレーターが代わりに対応してくれます。

また、事務員を雇いたいけれどあまり経費をかけたくない、という場合にもおすすめです。電話代行サービス(株)のサービスは月額1,1000円から利用できるため、新しく事務員を雇うよりもずっと安くなります。不動産専門 電話代行を選べば、電話応対の質が下がってしまう心配もありません。

さらに、忙しい時期のみに利用したい方にも本サービスは便利です。春や秋の引っ越しシーズンは不動産業者への依頼が増え、普段は行えていた電話応対が難しくなるケースもあります。本サービスは、繁忙期のみの利用や土日のみの利用もできるため、忙しい時期に合わせてご依頼できます。

 

不動産専門 電話代行を利用することで、電話応対にかかる負担の軽減が可能です。その分、ほかの業務に集中できます。電話応対に関してお困りの不動産業者は、ぜひ不動産専門 電話代行のご利用をご検討下さい。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ