ネットショップ開業の注意点!電話代行の利用は?

2019.11.01電話代行
Pocket

店舗を構える必要がないという特徴やハードルの低さから、開業のひとつとして注目される様になったネットショップ。ほかにはない商品を展開し、安定した売り上げを維持しているネットショップは少なくありません。こちらではネットショップ開業時に注意点や、問い合わせ窓口として設けていただきたい電話代行についてお話しします。

ネットショップ開業

 

開業届は必要?

ネットショップに限らず、新たに事業を始める際には「開業届」の提出が求められます。分かりやすくいえば、開業届は税務署に事業の始まりを知らせ、登録してもらうための書類です。事業開始から1カ月以内という期限が定められています。

開業届の提出は事業者にとって義務である一方で、未提出の場合も特に罰則はありません。そのため、開業届を提出しないままネットショップを運営している方もいます。事実上、開業届の提出は任意であると言えるでしょう。

しかし、開業届を提出することで得られる恩恵もあります。代表的な例が、確定申告時に青色申告を選択できる点です。青色申告は通常の確定申告時に通常の白色申告よりも詳細な書類を提出することで10万円、もしくは65万円の特別控除が受けられる方式です。

ネットショップを運営している場合も開業届を提出していれば青色申告を利用できます。最大65万円の特別控除による節税効果は、特に個人事業主の方にとって大きなメリットです。開業届の記載自体に費用はかからず特に難しい点もないため、特に理由がない限りは提出しておくのが基本と言えます。

 

商品によっては許可が必要

一口にネットショップといっても、さまざまな商品が提供されています。ニーズに応える商品を提供すれば、安定した売り上げが期待できるでしょう。ただし、取り扱う商品によっては特定の許可が求められる場合もあるため、注意が必要です。

代表例として、以下の様な許可が挙げられます。

■中古品を販売する場合・・・古物商許可
■食品を販売する場合・・・食品衛生法に基づく営業許可
■酒類を販売する場合・・・通信販売酒類小売業免許
■医薬品を販売する場合・・・薬局開設許可/医療品販売許可/特定販売届出

必要な許可がない状態でネットショップを運営していると、営業停止を求められる可能性があります。また、各許可はそれぞれ申請窓口が異なるため、必ず必要な許可と申請できる窓口を調べて下さい。

 

「特定商取引法に基づく表示」に注意

ネットショップの特性上、顧客は手元に届くまで商品を見ることができません。注文時のイメージと到着した商品の相違点から、トラブルが起きるケースが想定されます。こうしたトラブルを防止するため、ネットショップでは「特定商取引法に基づく表示」が義務付けられています。

特定商取引法ではネットショップ運営に関して以下の様な項目をサイトに記載することが定められています。

■販売価格
■送料
■その他諸費用(銀行振り込み時の手数料等)
■代金の支払期限
■商品の引渡時期
■支払方法
■返品の特約に関する重要事項(ない場合は「なし」と明記する)
■事業者の名称(法人名・個人名)
■事業者の住所
■事業者の電話番号
■商品に傷や破損など「瑕疵」が認められた場合に販売業者が負う責任の内容
■特別販売条件(数量の制限、配達エリアの制限など)

実際のネットショップには上述した項目を分かりやすく伝えるページを設けるのが一般的です。記載内容や書き方については、同種の商品を取り扱っているネットショップを参考にして下さい。

 

輸入品を取り扱う場合はどうする?

ネットショップでは、商品を海外から安く仕入れ利益が出る価格で販売する輸入販売のスタイルも一般的です。海外では、日本では手に入らない商品が販売されていることや、同種の商品が大幅に安く販売されていることがあります。日本で売れる見込みがある商品を海外で安く入手できれば、安定した利益が期待できます。

一方で、輸入する際には関税がかかる点も留意しなければなりません。関税は外国から商品を輸入する際に輸入する側の国が商品に対して設ける税金です。日本でも例外なく外国からの輸入品に対して関税が課されます。

関税の税率は輸入する商品によって異なります。以下は商品ごとにかかる関税の一例です。

■革製のハンドバッグ・・・8~16%
■毛皮のコート・・・20%
■宝石、金製品、プラチナ製品・・・5.2~5.4%

実際には、さらに多くの商品に個別の税率が設定されています。輸入品を取り扱う場合は、それぞれの税率をあらかじめ確認しておきましょう。腕時計や家電など、非課税の商品もあります。

商品を輸入する場合、関税の支払いや税関との手続きなど煩雑な仕事が発生します。こうした仕事は、通関業者に代行してもらうのが一般的です。通関業者を利用する場合は、通関手数料を支払う必要があります。

 

いよいよ開業!電話窓口はどうする?

インターネットを利用している特性上、ネットショップの相談窓口としてはメールや問い合わせフォームが一般的です。一方で、回答までに生じるタイムラグにストレスを感じてしまう顧客もいます。文章での問い合わせでは上手く伝えきれないと思っている顧客が多いのも事実です。

ネットショップでも、電話は問い合わせ窓口として顧客から信頼されています。特定商取引法に準拠していたとしても、顧客にとって顔が見えない事業者から手に取ったことがない商品を買うのは不安なものです。だからこそ、電話に問い合わせ対応やアフターケアなど、手厚いサポートが求められます。

ネットショップは少ない人員で始められる点や、副業でできる点からハードルが低い点が特徴ですが、運営と並行して電話対応を行うのは現実的ではありません。電話対応を個人、あるいは小規模のネットショップで行う場合、経営やプロモーション、顧客管理などのコア業務に割く時間が奪われてしまいます。これらのことから、重要性を知りながら電話窓口を設けていないネットショップは少なくありません。

この様な状況のネットショップにおすすめしたいのが、電話代行です。電話代行はネットショップにおけるコールセンターとして機能します。上述したとおり電話窓口を設けていないネットショップも多いため、電話代行を利用することで競合との差別化を図ることも可能です。

問い合わせの大半がメールやフォームで完結する場合も、念のために電話代行でダイレクトに質問できる窓口を設けておくと顧客からの信頼度が高まります。この場合、電話の件数自体は少なくなるため、想定されるコール数に応じてコストを調整してくれる電話代行を利用するのがおすすめです。

また、ネットショップの特性は24時間いつでも注文できる点です。そのため、幅広い時間に対応できる電話窓口を設けておくと顧客の疑問を即座に解決でき、機会損失と防ぐことができます。ネットショップの電話代行を選ぶ際は、問い合わせ時間の調整に応じてくれるかどうかも大切な判断基準です。

 

ネットショップは起業・副業のビジネスモデルとしてすでに浸透しています。基本的には、インターネットとパソコン、商品の仕入れ元さえあれば、誰でもチャレンジできるビジネスです。ただし、実際に開業する場合は今回ご紹介した様な注意点を意識する必要があります。特に電話代行の利用は、手厚いサポート体制をアピールし競合サイトとの差別化を図るために重要なポイントです。柔軟に対応を行っている事業者であれば電話の件数に応じてコストを調整してくれるため、ネットショップ開業を予定している方は電話代行の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ