電話代行が低コスト・低リスクで利用できる理由

2016.06.06電話代行
Pocket

電話代行と聞くと、皆様はどんな印象をお持ちでしょうか。「外部委託は高くつきそう」「自分で管理できないのは不安」など、様々な不安要素を思い浮かべられることもあるかと思います。しかし、実は電話代行は思っている以上に低コスト・低リスクで運用することができるのです。その理由をご紹介します。

skyscraper_city

オーダーメイドだから実現できる低コスト

当社の電話代行・代行サービスはオーダーメイド型となります。電話代行という言葉だけでは、そのサービス内容に具体性がありません。コールセンターの様なイメージで考えてしまう方も多いのではないでしょうか。

当社では、貴社担当者様と綿密な打ち合わせの上、電話応対フローを構築していきます。ビジネス内容が変われば、電話応対の内容も変わります。規模に合わせたサービス内容を採用することで、最低限のコストで運用することができます。

最低限のコストで運用できる理由が「オーダーメイド型」にあります。利用される貴社が欲しいものを、ほしい形で提供するのが、オーダーメイド型の強みです。一般的な電話代行業者が行うように、プランに分けた設計を行っていないため、いらないものを含まない、必要なものだけを用意するという対応が可能となり低コストを実現できます。

危機管理体制を備えているから低リスクで運用できる

電話応対が必要な場面といえばどんな状況でしょうか。普段の問い合わせはもちろんですが、貴社の業務内容によっては緊急時対応が必要なケースがあるかと思います。災害や事故などの状況に陥った時の対応は、お客様にとっても貴社にとっても非常に重要です。

当社では、貴社の業務内容に損害をきたさぬよう、災害時の組織化に取り組んでおります。同時に、停電時のコールセンター稼動停止リスクの回避も対策済みです。緊急時でも安心して利用できることは、お客様の安心と満足に直結する大事な要素です。

このように外部へと電話対応をお願いすることでリスクの分散が可能となり、また、電話対応する場所が2つになると考えた場合さらにリスクの分散に繋がります。例えば当社は大阪ですが、貴社が東京だった場合、地域が違うことでリスクの分散が可能となります。東京で何かがあったり、大阪で何かがあった時には、もう一方がカバーすることでリスクを最低限に下げることができるはずです。こうして低リスクとすることが出来るわけです。

業務遂行していく中で、電話対応が必要なことがわかっていても、すぐに社内で準備することは手間がかかってしまうケースも少なくありません。貴社の企業発展を支えている根幹の業務に集中して頂くためには外部委託も一つの手段ではないでしょうか。

当社では、コスト面・リスク面はもちろんのこと、無駄のないサービス提供を心がけております。当社の提供サービスを、一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。

タグ : ID3577273 シノビ 解説文
Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ