電話代行で経費削減。コストパフォーマンスを良くする方法とは?

2016.06.09電話代行
Pocket

コストパフォーマンを良くするために電話代行を選ぶ

電話代行を利用することをお考えになったとき、はたしてどのくらいのコストを想定すればよいものでしょうか?初めてご利用の場合には、特にイメージが付きにくいと思います。

場合によっては社内で電話応対する部署を用意した方が経費削減に繋がるのではないか?とお考えになる方も多くいらっしゃるかもしれません。

そうした電話対応の理由でお悩みでしたら、ぜひ一度当社にご相談下さい。24時間365日、必要な時間帯だけの業務請負をはじめ、電話対応を外注することでできる経費削減のお手伝いをさせて頂きます。

woman_back_notepc01

低コストによる事業効率化が狙えます

普段貴社が対応されている応対業務について、ご指示頂いた通りに代行します。電話代行では、電話対応した本数によって契約が異なります。その上、当社では営業電話や間違い電話などは本数に入らないため無駄を省き、より良い電話対応が利用できるというご希望に沿ったコストパフォーマンスが可能となります。

しかし、「外注するよりも自社で対応する方がより良いのでは?」
と考えるのも頷ける話です。
ですが、24時間365日対応できる電話対応などを自社内で設置すると考えた時
必要な人員の確保と共に、システムの構築、設備への投資。
多くの出費が必要になるのは明白です。
そういう意味では依頼するだけで利用できる電話代行というのは
コストパフォーマンに見合った対応が望めると言えます。

例えば、当社によくご依頼頂くパターンですが
お問い合わせから業務や商品の紹介までを、あらかじめご指示頂いた上で応対します。
その間、貴社の社員様は急な電話応対に追われることなく
スケジュール通りに業務へと専念して頂けます。
このことにより、効率的な業務と利益の拡大が実現可能となります。

オーダーメイド型料金プラン

他社の電話代行について、よく当社に寄せられるご相談があります。
「はじめは耳触りのよい紹介をしてくる。
しかし見積もりを出すと頼んでもいないサービスがあれこれと付いていて
必要なものだけを選択することができなかった」といったお声です。

いずれの業界でも複雑な説明でお客様を迷わせて
知らないうちに思っていたより見積もりが高額になっていることは少なからずあるものです。

当社では、貴社の状況に合わせて最適で最小のサービスをご提示するように心がけております。
電話応対方法・連絡報告方法・各種システムの使用方法など
料金が細分化しているのはそのためです。

上記に説明させて頂いた以外にも、応対方法には経費削減をしながら
業務改善を図るサービスもご利用頂けます。
ぜひ一度、お見積もり請求のご連絡を頂ければと存じます。

タグ : ID3577242 シノビ 解説文
Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ