電話代行で応対するオペレーターのスキル

2016.09.05電話代行
Pocket

電話代行で応対するオペレーター

電話代行のサービスを利用する前に気になる「オペレーターってどんな人がやるの?」という素朴な疑問に関して解説していきたいと思います。電話代行というサービスが気になっている方は是非チェックして見てください。

mobile_woman_notepc01

電話代行のサービスってそもそも何?

電話代行のサービスとは簡単にいえば、かかって来た電話を別の会社に代わって対応してもらう、というものとなっています。およそ、次のような理由で利用されます。

  • 営業時間を創出したいけどリソースが足りない場合
  • 個人事業主の方で従業員がいない場合
  • 更には季節商材などで繁忙期が偏っている場合

使い方によっては自社雇用よりも予算をかけずにたくさんの問い合わせをさばく事ができるため、昭和の後半頃から続く便利なサービスとなっています。

電話代行のサービスを選ぶポイントについて

電話対応、というのは声だけのコミュニケーションとなります。そのため、コミュニケーションを図るためには言葉遣い、声色、常識的な対応ができるかが重要になることはご存知だと思います。そこで電話代行のサービスを選ぶ際にはオペレーターの質について注意して選ぶ必要があります。

しかし、電話代行というサービスを提供している企業は多くあり、その中から優秀なオペレーターがいる、質の高い電話対応ができる業者を見つける・見極めるというのは、なかなか難しいことです。

一つ判断できるとなると、オペレーターを育てるにもコストが掛かることから、格安や激安などの電話代行では、上記の条件にマッチするという可能性はあまりないと言えます。

電話代行で働くオペレーターについて

電話代行で働くオペレーターは女性のケースが多いです。電話応対とは言え、スタッフのスキルによってメリットが大きく変わる場合があります。そのために経験も少なく、社会人経験も無いような場合、自社のイメージを下げるようなことにもつながりかねません。

熟練したオペレーターが対応するとなれば、応対は安定し、お客様から信頼されるような企業となることができるはずです。オペレーターの前職は営業職など、様々なオペレーターがいます。

そのため、問い合わせの電話に対して購買意欲を高めるような会話ができたり、クレームなども適切に処理することができると言うこともあります。電話代行で働くオペレーターの経験は多種多様ではありますが、中には優れた技術を持っている方もいる点は押さえて置く必要があります。

電話代行のサービスを選ぶ際に注意したいオペレーターについて今回は解説をしました。オペレーターによってもスキルは様々で、担当のオペレーターによっては、自社のイメージを下げてしまいかねませんし、逆に良いオペレーターだと更に業績を伸ばす事ができます。オペレーター選びも非常に重要なポイントになっていますのでこの様点にも注意しながら検討して見ましょう。

タグ : No14 メインKW ヨタヨクト
Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ