レンタルオフィスと一緒に使える電話代行について

2016.10.24電話代行
Pocket

レンタルオフィスを契約するなら電話代行もいかが?

レンタルオフィスと一緒に提供されることの多い電話代行のサービスですが、レンタルオフィス契約時にどんな料金体系でどんなサービスが利用できるのかをまとめてみました。レンタルオフィスだけでなく電話代行をご検討の方はぜひご覧ください。

オフィスの風景

電話代行とレンタルオフィスはセットの場合が多い

イニシャルコストを安く済ませることができるレンタルオフィス。法人もしくは、個人事業主単位で契約する場合と違い、事実上オフィスの賃料を複数社で分割する形となりますので、その分、1社あたりの賃料を下げることができます。

レンタルオフィスの形態は複数ありますが、オフィスにある机一つを貸す「机貸し」や、小さな部屋一室を借りる「部屋貸し」などがあります。イニシャルコストやオフィスをレンタルする料金を抑えることができるため、小規模事業主や、SOHOなどで活用されることが多いです。レンタルオフィスには電話代行がセットで提供されている場合が多くあります。

レンタルオフィスとセットになった電話代行の中身

レンタルオフィスと合わせて提供される電話代行はセットにすることでより良い相乗効果を期待できるサービスを提供しています。サービスの中身として、所有者が不在の場合の電話の取次や、手があかず電話に出られない時の対応、または、事前にオペレーションをすり合わせておけば、問い合わせの対応なども行うことができます。

レンタルオフィスだからこそ、忙しい個人事業主に向けて電話代行を利用することが出来るわけです。

レンタルオフィスで使える電話代行の仕組み

レンタルオフィスで使える電話代行はオペレーターが在中しており、各企業宛の電話が、転送される仕組みとなっている場合がほとんどです。転送の方法としては、直接転送する場合と一定時間コールをしたのちに転送する場合と、その2つから選ぶことができるため、とても便利に活用することができます。

レンタルオフィスとセットで使える電話代行のメリット

レンタルオフィスとセットで使える電話代行のメリットとしては、契約形態を統一することができるので、無駄な契約が増えずに簡略化できるとともに、人員が少ない状況でも、電話対応をお任せすることができるので、外出することが多い、個人事業主様などには持って来いのメリットを享受できます。

今回はレンタルオフィスのサービスとセットになっていることの多い電話代行について解説をしました。レンタルオフィス、電話代行などを検討されている方は是非参考にしていただきたいと思います。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ