士業専門 電話代行は、相談しにくい借金問題も適切にフォロー

2019.10.04電話代行
Pocket

弁護士・司法書士事務所には、債務整理、自己破産、過払い金請求など借金に関する悩み相談も数多く舞い込みます。電話をかけてくる依頼人は、デリケートな心理状況に陥っている場合が少なくありません。『士業専門 電話代行』のオペレーターは、相談しにくい案件でも誠実な電話対応で適切にフォローします。

借金に悩む男性

借金問題を抱える依頼人の心理とは?

借金問題を抱えると、返済のことがなかなか頭から離れません。返済が終わらない限り、いつまで借金生活が続くか、不安を抱き続ける方も多く見られます。

どうにかして借金から解放されたい

最初は大した金額でなくても、すぐに返せると思って借金を繰り返していると徐々に返済額は膨らんでいきます。月々の請求額が自分の収入金額を超えてしまうと、定期的な返済は困難です。普段の収入だけで間に合わなくなれば、返済日が近づくたびにプレッシャーは大きくなります。こういった状態が何回も続けば、精神的負担は重くなっていきます。

借金が手に負えないほど増大すると、「少しでも返済額を減らしたい」と考えるものです。お金を工面する方法が見つからず、新たに借金してしまうケースも少なくありません。そういった状況の中、借金問題を抱える依頼人の多くは「どうにかして借金から解放されたい」という思いを強めていきます。

家族や知人に迷惑をかけたくない

お金を借りる理由は、人それぞれです。借金しているのを恥ずかしく感じて、秘密にする必要などはありません。それでも、さまざまな事情から返済が厳しくなった時には、家族や知人に知られたくないと考えることがあります。

その背景にあるのは、多くの場合、親しい方々に迷惑をかけたくないという心理です。自分が借金に苦しんでいると分かれば、親、子ども、友人は自然と心配してくれます。とはいえ多額の借金であれば、返済金を援助するのも容易ではありません。金額に関係なく、金銭的な負担をかけてしまいます。

依頼人が自分の抱える面倒ごとに大切な家族や知人を巻き込みたくないと思っていれば、借金について周りに知られることは望まないでしょう。

返済の見通しが立たなければ前向きになれない

借金に悩まされていると、なかなか前向きになれません。借金が膨らむと簡単には返済の見通しが立たず、いつ完済できるか予測が難しくなるためです。

現在、借金問題を解決する方法はいろいろ用意されていますが、たいていの場合、説明を聞いただけでは不安を感じています。何かの拍子に「本当に大丈夫だろうか?」と自信を失うことも珍しくありません。マイナス思考になりやすく、将来を不安視するケースもよく見られます。

無事に返済が終わるまでは借金と向き合わなければならず。肉体的にも精神的にも十分に休めません。借金に悩まされると心身ともに疲労が蓄積するため、心理的にはかなりナーバスになっています。

電話代行オペレーターは配慮を欠かせない

借金問題を抱えた依頼人からは、いろいろな相談が寄せられます。オペレーターは慎重に配慮しながら窓口としての役割を果たし、クライアントにつなげなければいけません。ここでは、オペレーターに求められるスキルをご紹介します。

説明はできるだけ丁寧に

借金について相談する依頼人は、返済のことで頭がいっぱいになっています。返済方法の細かい仕組みをスムーズに理解できるほど、心に十分なゆとりはありません。日常会話と同じ感覚で説明しても、正しく伝わらず誤解される恐れがあります。

オペレーターは、自分では簡単に思える説明でも丁寧に会話を進めなければいけません。どんな解決手段があるのか案内する場合でも、分かりやすい表現が求められます。1回だけでは、きちんと理解してもらえないかもしれません。そんな時には、焦らず言い方を工夫しながら時間をかけてお話しています。

それぞれの返済方法がどんなケースに適しているか、またデメリットも含めて情報を提供することで、依頼人の参考になるよう努めています。

身内でも知らせない

借金問題の相談では、依頼者から「家族に内緒で」「郵便物を送らないで」などの要望が多く聞かれます。身内であっても、うっかり知られてしまうとトラブルの原因になるので注意は怠れません。

オペレーターから連絡する際には、自宅よりも個人の携帯電話に発信するほうが無難といえます。自宅に電話するなら、在宅時間の確認は不可欠です。いずれにしても、あらかじめ何時頃に連絡するか知らせておくことで、依頼人は家族に話を聞かれずに済むでしょう。

郵便物は家族の目に触れる可能性が高いため、できるだけ控えています。各種資料や必要書類を用意した場合、依頼人の都合が良い時、事務所まで足を運んでもらい手渡しすることが望まれます。

言葉選びも大切

借金問題の電話対応では、言葉選びも大切です。依頼人が借金返済のため精神的に追い詰められていれば、相当に神経質になっていると考えられます。何気ないひと言に感情を害する危険性は低くないので、オペレーターは気配りを忘れないように注意しています。

特に気をつけたいのが、借金したことを責める表現です。依頼人は、いろいろな理由でお金を借りています。相談しなければならないほど返済が厳しくなった背景にも、さまざまな事情があります。それぞれの経緯を考えれば、どんな借金も簡単には非難できません。

不用意な発言で依頼人を傷つけない様に、オペレーターは慎重に言葉を選びながら業務を進めていきます。

『士業専門 電話代行』は細やかに対応できる

オペレーター教育をしっかりと施した『士業専門 電話代行』なら、借金問題の電話対応を任せても安心です。

常に思いやりを持って対応

『士業専門 電話代行』のオペレーターは、常に思いやりを持って業務に臨みます。どんな案件であっても、お客様の心情理解には余念がありません。依頼人が借金返済に苦しんでいるなら、その気持ちに寄り添います。

しっかり依頼人の話に耳を傾けながら、どんな問題で悩んでいるのか理解に努めます。十分に相手の事情をふまえたうえで質問に答えるので、軽率な言葉で不快感を与える心配はありません。言い回しにも考慮しながら、必要とされる情報を提供していきます。

また、依頼人に喜ばれる気持ちのこもった対応を心がけているので、マニュアルに沿っただけの機械的なやり取りにならず事務所のイメージ向上を期待できます。

専門知識に精通

オペレーターが専門知識に精通している点も、『士業専門 電話代行』ならではの大きな特長です。

この分野の問い合わせでは業界特有の専門用語が日常的に使われますが、慣れていないとスムーズに回答できません。弊社では事前に用語研修を実施しているため、オペレーターは法律関係の表現にも戸惑うことなく対応できます。

借金の相談では債務整理や自己破産に関する専門的な案件が数多く舞い込みますが、適切かつ迅速な業務処理が可能です。言葉の意味が分からないまま「改めて折り返します」とだけ返答する事態にはならず、依頼人や業界関係者に不信感をもたれずに済みます。

いつでも親切丁寧に案内・説明

オペレーターは思いやりの心を忘れないので、各種の案内はいつでも親切丁寧です。どんな質問に対しても、依頼人が納得できる分かりやすい説明を目指します。

単に言葉遣いが丁寧というだけでは、不十分です。表面的に親切を装っても、借金絡みでいろいろ気に病んでいる依頼人からは不快に思われるかもしれません。オペレーターは個々の質問に誠意を持って答えるため、依頼人に「自分の辛い気持ちが伝わった」と安心してもらえます。

精神的に余裕のない依頼人でも満足感を得られる可能性は高く、事務所の信頼獲得につながります。良好な信頼関係が構築されれば、借金返済のための打ち合わせや各種の手続きも速やかに進められるでしょう。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ