知っておきたい夜間休日電話代行の活用パターン

2016.12.29電話代行
Pocket

夜間のトラブルに対応できる電話代行

弊社では、緊急事態や予期せぬトラブルに迅速対応するための『夜間休日電話代行』のサービスもご用意しております。日中など、多くの人が活動している時間帯であれば、さまざまな対処の方法があるかもしれませんが、営業終わりや真夜中過ぎだと、助けてくれる人はなかなか現れません。今回は、『夜間休日電話代行』が役に立つ具体的なケースについてご説明します。

車や車庫のトラブル

「シャッターが開かない」「車のエンジンがかからない」「インロックした」

これらのトラブルが、真夜中や業者が休んでいる祝祭日などに起これば、利用者はとても困ってしまいます。店舗のシャッターが開かなければお店の営業はできませんし、反対に閉まらなかったら帰宅するわけにもいきません。車のトラブルも、極端に気温が下がる真冬の夜などは起きやすくなります。これらのトラブルが起きると想定して業者が窓口対応するとなると、シャッターメーカーや駐車場管理業者は全く休めなくなってしまうでしょう。

そこで有効活用したいのが、『夜間休日電話代行』です。夜間でも熟練したスタッフが問題の状況を正確に把握し、業者に連絡します。的確でスピーディな対応をやってくれるので、お客さまも業者も安心です。

parking_car

水回りのトラブル

「台所から水があふれている」「トイレが詰まった」「水道管が壊れて水浸しになった」

いつ起こるか分からない水回りのトラブルは、早めに対処しないとどんどん被害が大きくなり、生活にもさまざまな支障が生まれます。

マンションなどの集合住宅では、管理会社などが居住者の生活上のトラブルに対応してくれます。しかし、24時間体制で待機しても、待ち時間だけが長くなり、人件費もかさむでしょう。『夜間休日電話代行』だと、管理スタッフがいない夜間や休日のみ、当社の電話受付スタッフが対応してくれるので、はるかに合理的でコスト安です。問題が起これば、契約業者や隣接エリアの作業員を手配してくれるので、安心です。

「夜間や休日に関係なく、顧客対応が求められる」

そんな課題の解決に、ぜひ当社の『夜間休日電話代行』をお選び下さい。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ