電話代行の料金プランについて

2013.01.28電話代行
Pocket

電話代行において、最も大きな違いとして現れるのが料金プランです。会社によって料金プランが異なるのは当然です。会社によってそれぞれシステムは異なり、立地が異なれば、採用しているオペレーターの人件費も異なり、付帯できるオプションやサービスも異なります。電話代行に関わらず、料金が異なるのは当然と言えます。

サービス料金にはお金が必要

料金プランはコール数で大きく変化

電話代行を提供する同業他社でも料金プランに関して違いは存在するものの、共通しているのは「コール数」での区切り方です。

例えば、「200コールプラン」「150コールプラン」「100コールプラン」などは、多くの電話代行会社で用意しているプランです。その中で最も多いのが「30コールプラン」ではないでしょうか。30コールというのは、1日1コール、と設定した時に計算しやすいことから設定されるのです。

コール数無制限プランも存在

中には、これにあてはまらない料金プランを提供している会社も存在します。例えば「コール数無制限プラン」です。無制限ということは、毎日1,000コールだろうと、10,000コールだろうと料金的には変動しないので、儲けが本当に出るのか心配してしまいます。ある程度のコールで対応不可としているのかもしれません。

他にも「完全従量制プラン」というのもあります。基本料金は安価に設定し、電話応対したコール数に料金をかけるという形で、料金を徴収するプランです。

お客様のニーズとあった場合には安価に利用することができますが、コール数が多い場合には、逆に高くなる可能性もあります。

電話代行のプランは、会社よって料金やシステムが違うため、お客様にはサービスプランが伝わりにくいということもあり、お時間をいただくことがあります。まずは弊社にお客様の希望をお聞かせ下さい。それに見合った適切な電話代行を提供させて頂きます。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

最新記事 by 電話代行サービス株式会社広報部 (全て見る)

お問い合わせ