ネットショップ運営者様にお勧めしたい電話代行

2016.07.09電話代行
Pocket

コミュニケーションが存在するネットショップ運営を

ネットショップを運営されている方で、電話の問い合わせ窓口を設けている方は少ないのではないでしょうか。ネットショップは、ウェブ上のやりとりでほとんどの手続きが行え、非常に便利なのですが、時にはお客様が不安に思われるケースもある様です。

それは、「リアルに言葉を交わせない」という点にあります。

ネット販売と店頭販売との違い

ネットショップは便利で手軽なのですが、お客様(購入者)が聞きたいことや疑問に思うことがあった場合、それを知るまでにどうしても時間がかかります。もしかしたら、知ることをあきらめるかもしれません。なぜなら、すぐに「聞けない」からです。

ネット販売と店頭販売との違いは、言葉を交わす量の差、コミュニケーションの差です。店頭販売では、お客様(購入者)とコミュニケーションをとりながら接客できますし、お客様(購入者)の振る舞いや表情を見て声を掛けたりなどもできます。お客様(購入者)は聞きたいことや疑問に思うことがあれば、直ぐに「聞ける」状態にあるのです。

反対に、「言葉を交わせない」ネット上でのやり取りは、コミュニケーションをとることが難しいため、お客様(購入者)が不安に感じられる可能性が高いのです。今日は、電話代行を活用したコミュニケーションルートを確保する方法をご案内します。

問い合わせ窓口としての電話番号が貸出可能

手軽に始められるネットショップは、法人だけではなく、個人の方も運営されているケースが多いと思います。ただ、個人や少人数でネットショップを運営されている場合、問い合わせ窓口に入る電話に常時対応することは難しいのではないでしょうか。また、問い合わせ窓口専用の電話番号を準備するのも面倒な部分です。

当社では、そういった方々に向けて、ウェブサイトに掲載するための電話番号や住所をお貸ししています。ショップの信頼度としては、電話番号があるのとないのとでは、大きく変わってきます。電話代行を活用すれば、電話番号の確保や常時、電話対応を行うことが可能になるのです。

問い合わせ窓口の設置が売上拡大につながる

また、問い合わせ窓口を設置することで得られるメリットは、非常に重要なポイントになります。ネット経由で品物を注文する時、どうしても気になる点がいくつか出てくるものです。「サイズは合うのかな?」「商品は指定日に無事届くのかな?」「交換希望の場合は対応してくれるのかな?」など、実際に聞いておきたいことがあっても、電話で直ぐに聞けないとなると、手間がかかると感じてしまい億劫になってしまいます。直接、案内や説明を行い、お客様(購入者)に安心感を与えることが売上拡大にもつながる重要な要素なのです。

お客様(購入者)が感じることと、ネットショップを運営している人が考えていることには、少なからずギャップがあります。そのギャップを少しずつでも埋めていくことが、信頼を得る上での鍵となります。電話代行を導入することで、そのギャップが埋まっていくかもしれません。

当社では、ネットショップやECサイト運営者様に向けた特化型サービスを提供しています。ぜひ、こちらもご覧下さい。「ネットショップ専門 電話代行」

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ