電話代行の一つ、転送電話・逆転送について

2016.08.10電話代行
Pocket

転送電話・逆転送のメリットや活用方法

前回、「固定番号発着信サービス」についてご紹介しましたが、今日はそれに関連する、転送電話・逆転送というサービスについてご紹介したいと思います。転送電話と逆転送について、サービスの内容とどの様なメリットがあるのかをご紹介したいと思います。

転送電話

転送電話・逆転送って何?

転送電話・逆転送とはどんなものなのかというと、電話代行会社が電話番号を貸し出し、指定された携帯電話や固定電話に対して、常時自動転送を行うサービスのことです。貸し出された電話番号を相手に通知して発信することも可能となっています。

貸し出し可能な電話番号帯は会社によって異なりますが、例として電話代行サービス株式会社では、大阪の06、東京の03、千葉の043、川崎の044、横浜の045、埼玉の048、愛知の052、フリーダイヤル0120、IP電話の050が貸し出し可能です。主に主要地域ごとの受付番号が欲しい企業様や、事業ごとに電話番号を使い分けたい、という企業様が利用されています。
詳しくは『全国電話番号 貸出サービス』をご覧下さい。

転送電話・逆転送の四つのメリット

転送電話・逆転送サービスには四つのメリットがあります。一つ目は、地域の電話番号をすぐに取得できることです。東京や大阪などの現地に事務所が無くても、その地域の電話番号を取得することができます。

二つ目は、すぐに即日でも利用可能なことです。利用開始までに時間がかからないので、ビジネスチャンスを逃さずに済みます。

三つ目は、各種印刷物などに記載可能なことです。貸し出された電話番号は、名刺はもちろん、ウェブサイトなどにも載せることができます。

四つ目は、NTTの回線基本料がかからないことです。毎月の回線基本料がかからないので、経費削減にもつながります。

転送電話・逆転送はこんな人にオススメ

例えばECサイトを運営していて、そのサイトに掲載する電話番号が欲しい方。営業戦略の一環として、東京や大阪など主要地域の電話番号が欲しいという方や、その電話番号を通知して電話発信を行いたい方。自宅兼事務所として営業していて自宅と事務所の電話番号が同じなので、自宅とは別に事務所用の電話番号を持ちたいという方などは、転送電話・逆転送のサービスを利用されることをオススメします。

転送電話・逆転送サービスについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。転送電話・逆転送サービスを利用するのにオススメの人物像と近い状況にある方は、ぜひこのサービスの導入を検討されてみてはいかかでしょうか。もちろん、そうで無い方も転送電話・逆転送サービスのメリットに対して興味がございましたら、ぜひ、ご検討下さい。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ