クレームや営業電話。厄介な電話は電話代行へ

2017.08.21電話代行
Pocket

クレームやセールス電話の対応をどうするか?

クレームやセールスの電話はあまり歓迎されませんが、通常、会社を運営していくには避けられず、どこかで発生するものです。事前予測が困難という側面もあり、直接対応にあたる社員の心労も小さくはありません。この様な状況に頭を悩ませている企業の方も少なくない様ですが、解決策が見つからない時に活用したいのが電話代行です。

クレームを言う女性

クレーム、セールス電話がもたらす影響

どれほど細心の注意を払っても、クレームというものは発生します。中には貴重な意見もありますが、ほとんど難癖に近い、処理の難しい類いのものも存在します。クレーマーと呼ばれる人につかまれば、多大な作業負担を要し、スタッフの心労も計り知れないものとなるでしょう。

一方、セールスの電話はこちらの都合に配慮してくれませんから、仕事に集中できなくなり、作業効率が落ちるなんてこともあります。しかし、ストレスしか感じず時間の無駄だからといって電話に出なければ、必要な電話も取り逃がしてしまいます。また苛立ったまま得意先の電話に対応し、会社のイメージを悪くする危険性もあります。

厄介な電話は電話代行のオペレーターにお任せ

クレームは客観的に内容を把握することが必要不可欠ですが、その情報をデータとして蓄積すれば今後にも生かされます。クレーム対応をアウトソーシングして分業化を図れば、情報の収集と分析の精度はさらに向上するでしょう。

電話代行のオペレーターであれば丁寧な対応をしながら冷静に情報収集できますから、クレームを拡大させず有意義な意見として後々の業務に反映させることも可能になるのです。

一方、セールスの電話は社員にとって負担にしかならずメリットがないので、電話代行を利用すると便利です。オペレーターは全ての電話に対応しますから、社員は電話対応そのものから解放され取りこぼす心配も無用になります。また、セールスの電話など不必要なものは報告しませんので確実に負担軽減となり、必要な業務に集中することで効率性や生産性の向上につながるでしょう。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ